NEW

女傑・ブエナビスタの初仔「コロナシオン」が今年デビュー! 不屈の母の血を受け継ぐ超良血馬の未来に熱視線

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
buenabisutax.jpgブエナビスタ(JBISサーチ公式サイトより)

 オークス、ジャパンカップなどG1競走を6勝、歴代屈指の最強牝馬として多くのファンを虜にしたブエナビスタの初仔が今年、いよいよデビューを迎える。

 キングカメハメハを父に持つその牝馬の名は「コロナシオン」。英語で「戴冠式」を意味する名を得た超良血馬に、デビュー前から最大級の熱視線が集まっている。

 ブエナビスタは2012年の段階で一度キングカメハメハと交配、受胎も確認されたが、13年の春に流産。これは大きなニュースになり、多くのファンがショックを受け、今後の繁殖を心配する声もあった。そんな中、14年に初仔が誕生したのだから、その期待が高くなるのも当然である。

 G1競走6勝は当然として、敗戦したレースでもほとんどが馬券圏内を確保。競走生活後半は勝ち切れないレースが続いたが、5歳のジャパンカップでは魂を振り絞るような走りで勝利をつかみ、多くのファンに感動を与えたブエナビスタ。牡馬も含めた「古馬総大将」として、ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュの強力10年世代や翌年の三冠馬オルフェーヴルを迎えうつ姿は、まさに牝馬の域を超えた名馬そのものだった。

 ファンの間では「日に日にブエナに似てきた」とコロナシオンの成長を逐一見守るコメントが目につく。「また絶景(ブエナビスタ)が見たい」「無事にデビューできれば重賞級」と、その期待は高まる一方だ。

 現在、陣営も焦って調教を加えるのではなく、秋のデビューを見据えてじっくり調整しているそうだ。衝撃の走りを期待したい。

女傑・ブエナビスタの初仔「コロナシオン」が今年デビュー! 不屈の母の血を受け継ぐ超良血馬の未来に熱視線のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!