NEW

麻雀界をリードする女流プロ雀士・二階堂姉妹の特別インタビュー(後編)-二人にとって「生きる」とは何なのか、その「流儀」を語る-

【この記事のキーワード】, ,
nikaidoushimai.jpg二階堂姉妹(左・瑠美 右・亜樹)

 女流プロ雀士として麻雀界をリードする、二階堂姉妹による初の勝負哲学書『明日は、今日より強くなる 女流プロ雀士 二階堂姉妹の流儀』(KADOKAWA)が5月25日に発売された。

 そこで今回はギャンブルジャーナル編集部がインタビューを実践。プロ生活16年目を迎えた実姉の二階堂瑠美(にかいどう るみ)、17年目を迎えた実妹の二階堂亜樹(にかいどう あき)の二人が本著に綴った真の「強さ」と「勝利」に迫った。(前編はコチラ

まったく異なるスタイルだからこそ、お互いを尊重し合っている二人

 本著にて「勝つのは亜樹ちゃんの役割、魅せるのが私の役割」と瑠美プロが話せば、亜樹プロも「お姉ちゃんの葛藤は私とは真逆」と話しているように、プロになってからも互いに認め合い磨き合ってきた二人だが、原点となる麻雀のスタイルはむしろ対極にある。

 効率とスピードだけを追い求める究極のデジタル思考、とにかく上がることだけを重視した亜樹プロの麻雀は彼女に数々のビッグタイトルをもたらしたが、時には心無いファンから「あんなのただの麻雀マシーンだ」と叩かれることもあった。

 逆にプロ雀士として魅せることに拘るあまり、手役を狙い過ぎて勝ち負けが二の次になりがちな瑠美プロの麻雀は彼女に数多くのファンをもたらしたが、目先の勝利を求めるファンからは「役を狙ってたら、それでいいんでしょ」と思われていた。

 お互いが類まれな才能を持ちながらも、自分の足りないピースを追い求めて葛藤を繰り返している二階堂姉妹。

 本著のタイトル『明日は、今日より強くなる』という言葉が示している通り、プロ雀士としてまだ進化の過程にある彼女たちは、対極のスタート地点から「魅せながら勝つ」というプロ雀士として究極のスタイルを追い求め、麻雀界をリードする今なお前進を止めない。

 そんな二人が本著を通じて、「強く生きるために」読者へメッセージを送っている。

二階堂亜樹プロ(以下亜樹):生まれた環境や育ってきた環境で、(人生には)分岐点がいっぱいあると思いますが、そこで常に最善の道を進むことができないにしても、最善に近づくよう努力はできると思います。

――与えられた局面で、常にベストを尽くすことの重要性。

亜樹:私自身もそれが今、できているのかどうかはわからないけど、努力してきたと信じて生きていきたい。だから過去にいろいろあったとしても、常に前を向いていってほしいなという思いは、(本著に)かなり込めさせていただきました。

瑠美:前に進んでいかなきゃ、変わらなきゃと思って、焦っている人もいると思うんですけど、変わることが本当にいいのかもう一度考えてほしい。動けないのは、動けない理由があると思うんだけど「今あるものを大切にする」のもいいと思うんですよ。

麻雀界をリードする女流プロ雀士・二階堂姉妹の特別インタビュー(後編)-二人にとって「生きる」とは何なのか、その「流儀」を語る-のページです。GJは、インタビュー、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. パチスロ激甘マシンが終日7,000枚達成…『まどマギ2』を彷彿とさせる完成度も話題に!!
  3. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. 「甘デジならでは」の醍醐味を満喫! 最高の展開で10000発ゲットなるか
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手