NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(4) 増える家族に戸惑いつつもSMパチンコを黙々と打つ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ashino.jpg

 筆者の人生の中で衝撃的だった事件のトップテンを挙げるとすると、恐らく六番手くらいに「母がいつの間にか知らんオッサンと再婚してた事」が来ると思う。

 これがもう少し若い──例えば中学とか高校だったら間違いなくトップの衝撃度だったと思うのだけれど、実際筆者がそれを知ったのは二十歳を少し過ぎた辺りだったので、格好つけた「大人の余裕」というものが精神を保護するクッションの役割を果たしてくれたらしく、そこまでガッツリとダメージを受ける事はなかった。

 筆者は家庭の事情で東京と九州を行ったり来たりする幼少期を──ある時は長崎で数年間を過ごし、またある時は東京で数ヶ月を過ごし──大半は九州で過ごしながら時折帰郷、あるいは上京するという、なかなかどうして面倒な二重生活を、結構長い期間余儀なくされていた。

 流石に高校を出た辺りで親の庇護を受ける必要もなくなり、以降は自分の意志で行ったり来たりしているけども、ある時、数年ぶりに東京にいる家族に会いに行くと、そこには別の姓に変わった母と、それから兄が居た。今思うとあれはなかなかパンチの効いた経験だったと思う。

「あのなぁシロ」

 見覚えのない姓が掘られた表札を前に、兄は言った。

 兄はそもそも筆者と十も年が離れており父親が違う。二人目の旦那の子が筆者で、つまりは異父兄弟なのだ。今でこそかなり仲良くなっているが、当時はどうにも馴染めず、彼よりも田舎にいる親戚の叔母の子の方がよっぽど兄らしいと思っていた。

 彼の言うシロとは筆者の事である。幼少期からのアダ名だ。

 いいかシロ、良く聞けよ、と前置きしてから、彼は少し唇を舐めた。そうして、オフクロが再婚したんだ。俺と、お前の父ちゃんに続く、三人目の旦那さんが出来たんだよ。というのを、下北沢の分譲マンションのドアの前にて唐突に説明してきたのである。

 その時筆者が思ったのは「まあそれはいいけども、このタイミングでそれはねぇだろう」という事だった。

 なんせドアを開けたら数年ぶりに逢う母がいる。そしてその横には恐らく、その母の為に生活費を稼ぐ見知らぬオッサンが居るのだ。邂逅まで一分以内である。いや三十秒か、もしかしたらもっと短い猶予を経て、その三人目の旦那さんと顔を合わせる羽目になるのだ。これはさすがに腹が立った。

──マジかよ。早く言えよ。知ってたらホテルでも取ってたのに。

 兄に告げた言葉はそれだった。要するに、腹が決まってなかったのである。衝撃はそれなりにあったが、よろめくほどではない。ただ、面倒だな。と思った。二十歳を超えて、肉親にまつわる、そういう生臭い話を聞く事になるとは思っても見なかったので、嫌悪感よりも怠さが勝った。

ぼくらはあの頃、アツかった(4) 増える家族に戸惑いつつもSMパチンコを黙々と打つのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!