NEW

重賞穴馬情報~エプソムC・マーメイドS~

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週はG1レースはないものの、好メンバーが揃ったエプソムカップ(G3)とマーメイドステークス(G3)という2つの重賞が組まれている。G1レースがないから一休みなんていうのはもったいない。6月26日に控える春のグランプリ宝塚記念(G1)へ向けて勢いを付けるべく、そしてその軍資金を稼ぐためにも週末は有意義に過ごしたいところだ。

 というわけで今回はエプソムカップとマーメイドステークスで激走が期待される人気薄の穴馬候補を探っていこう。

エプソムカップ

 過去10年で1番人気馬はわずか3勝という波乱含みのレース。昨年の優勝馬エイシンヒカリは今や世界で活躍しており、今年も将来性のある素質馬が出走。

 過去10年を見ても大波乱という結果は見られないが、それでもマスコミノーマークの穴馬が何頭か激走してなかなか美味しい配当を演出している。

 この10年で6番人気以下で3着以内に好走したのは7頭。そこに共通する項目は以下の通り。

年齢:4歳馬と7歳馬が激走

騎手:関東所属騎手が圧倒

性別:牡馬のみ

前走人気:重賞なら14番人気以内。重賞以外なら6番人気以内

前走レース:都大路S、新潟大賞典、マイラーズカップ組に注意

枠番:真ん中より内側(1~9番)

実績:過去に重賞2着以内もしくはエプソムC3着以内

馬体重:442-516kg

戦績:3走以内に3着以内あり

 この内容を踏まえて浮上する穴馬候補は以下の2頭だ。

アルバートドック
———————-
関東の三浦皇成騎手が騎乗。前走、年齢、馬体重など激走要素がズラリ。

エキストラエンド
———————-
関東の内田博幸騎手が騎乗。前走、年齢、馬体重など激走要素がズラリ。

 アルバートドックは3走前に小倉大賞典を優勝。前走のマイラーズカップは5着だが勝ち馬とは0.4秒差。ここで巻き返してもおかしくはない。

 エキストラエンドは2月の東京新聞杯で2着に好走。前2走は別のコースで結果が出なかったが、今回は東京新聞杯と同じ東京コース。久々の1800m戦だがこの距離は3戦2勝と好相性。ここは見逃せない一頭だ。

 この2頭をフルーキー、ロジチャリス、ルージュバックといった実績馬と絡めた馬券をオススメしたい。

重賞穴馬情報~エプソムC・マーメイドS~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!