NEW

ラニ×武豊、ベルモントSであわやの3着! 偉大なる挑戦と成長に喝采

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北米クラシックの第3弾となるベルモントS(G1)に武豊騎乗で出走したラニ。結果は3着。勝利したのは13番のクリエイター。ハナ差の2着にはデスティン。ラニはそこから1馬身半ほど離されて入線。

 10番ゲートに入ったラニ。スタートでは出遅れることもなく、武騎手は後方2番手の外を進む。終始外を回り、バックストレッチに入って徐々に進出し中団外へ。最後の直線、先行したデスティンが先に抜け出し、他馬は横一線になって先頭を追う。ラニもその中の1頭であった。

 好位でレースを進めたクリエイターが先にデスティンを捉えにかかり、レースは2頭の叩き合いとなりそうな様相だった。しかし、外から鋭い末脚を伸ばしたラニが、2頭を追う。現地実況が「Lani!」と叫ぶほどの伸び脚だった。

 最後までキレは衰えなかったものの、前の2頭を捉えるにはいたらず、3着入線。しかし、4着には3馬身近くを引き離し、他馬はさらに遥か後方に置き去りにした。先着との差を見ても、本当に「惜しい」レースとなった。

 ケンタッキーダービー、プリークネスSからの参戦と、三冠レースを「皆勤」したラニ。9→5→3着と確実に順位を上げ、最後はあわや勝利というところまで肉迫したのは見事という他なく、陣営や武騎手の尽力がうかがえた。日本にとって極めて遠い存在だった「アメリカクラシック制覇」、一気に現実的なものにしたと言えるだろう。非常に意義深い、エキサイティングな挑戦だった。

ラニ×武豊、ベルモントSであわやの3着! 偉大なる挑戦と成長に喝采のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!