NEW

ラニ×武豊、ベルモントSであわやの3着! 偉大なる挑戦と成長に喝采

【この記事のキーワード】, ,

 北米クラシックの第3弾となるベルモントS(G1)に武豊騎乗で出走したラニ。結果は3着。勝利したのは13番のクリエイター。ハナ差の2着にはデスティン。ラニはそこから1馬身半ほど離されて入線。

 10番ゲートに入ったラニ。スタートでは出遅れることもなく、武騎手は後方2番手の外を進む。終始外を回り、バックストレッチに入って徐々に進出し中団外へ。最後の直線、先行したデスティンが先に抜け出し、他馬は横一線になって先頭を追う。ラニもその中の1頭であった。

 好位でレースを進めたクリエイターが先にデスティンを捉えにかかり、レースは2頭の叩き合いとなりそうな様相だった。しかし、外から鋭い末脚を伸ばしたラニが、2頭を追う。現地実況が「Lani!」と叫ぶほどの伸び脚だった。

 最後までキレは衰えなかったものの、前の2頭を捉えるにはいたらず、3着入線。しかし、4着には3馬身近くを引き離し、他馬はさらに遥か後方に置き去りにした。先着との差を見ても、本当に「惜しい」レースとなった。

 ケンタッキーダービー、プリークネスSからの参戦と、三冠レースを「皆勤」したラニ。9→5→3着と確実に順位を上げ、最後はあわや勝利というところまで肉迫したのは見事という他なく、陣営や武騎手の尽力がうかがえた。日本にとって極めて遠い存在だった「アメリカクラシック制覇」、一気に現実的なものにしたと言えるだろう。非常に意義深い、エキサイティングな挑戦だった。

ラニ×武豊、ベルモントSであわやの3着! 偉大なる挑戦と成長に喝采のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?