NEW

「武豊×ラニに負けられない!」3歳ダートNo.1決定戦ユニコーンS(G3)にハイレベルなメンバーが集結

【この記事のキーワード】

, ,

nonkonoyume.jpgノンコノユメ(JRA公式サイトより)

 先日12日はラニが米クラシック三冠を完走し、日本競馬の歴史に確かな足跡を刻んだ。

 これから先どこで走るのかは決まっていないが、仮に日本に戻ってくるのであれば、間違いなく今後のダート界を牽引する存在の一頭になるだろう。

 だが、同世代の3歳ダート馬たちも黙ってやられるわけにはいかない。今週末19日には、東京競馬場で春の3歳ダートNo.1を決めるユニコーンS(G3)が行なわれる。

 3歳春にJRAで開催される唯一のダート重賞であり、歴代の優勝馬にはタイキシャトル、ウイングアロー、アグネスデジタル、カネヒキリ、そして昨年のノンコノユメなど名馬がずらり。今年も3歳ダートNo.1を決めるべく多士済々なメンバーが集った。果たして、ラニのライバルとして名乗りを上げるのは、どの強豪馬だろうか。

 筆頭候補は4戦3勝のゴールドドリーム(牡3歳、栗東・平田厩舎)か。

 前走の兵庫チャンピオンシップ(G2)では単勝1.3倍に推されたものの、出遅れが響いて2着。勝ち馬にまんまと逃げ切りを許した。だが、ラニが5着に敗れたヒヤシンスS(OP)を制したのが、このゴールドドリームでその実力はここでも上位の存在だ。

 マインシャフト産駒のマル外ストロングバローズ(牡3歳、美浦・堀厩舎)も差はない。

 ヒヤシンスSではゴールドドリームに後れを取る2着だったものの、その後は伏竜S(OP)を完勝。その伏竜Sで2着だったグレンツェントが、後の青竜S(OP)を勝っているのだから、その実力は本物。今をときめく名門堀厩舎から、また名馬が誕生するか。

「武豊×ラニに負けられない!」3歳ダートNo.1決定戦ユニコーンS(G3)にハイレベルなメンバーが集結のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!