NEW

通算1万2842勝!? 米のレジェンド騎手「ラッセル・ベイズ」引退……その驚愕「成績」と日本と意外なつながり

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のラッセル・ベイズ騎手(57)が引退したと、サンタアニタパーク競馬場がプレスリリースとして発表した。

 同騎手はカナダ出身の騎手として1974年にデビュー。92年に初のアメリカ最多勝利騎手に選出され、2009年までに10回受賞。95年には年間400勝以上を挙げ、400勝以上はなんと13回。積み重ねた勝利数は驚愕の12842勝! もはや何の数字かもわからなくなる。

 日本で圧倒的な数字を残す武豊騎手が3800勝ほどと考えれば、ベイズ騎手のすごさがわかるというもの(もちろん単純比較はできない)。過去にはホークスターで後の日本最高の種牡馬・サンデーサイレンスと米クラシック三冠で戦ったり、ジャパンカップに出走したこともある。昨年はワールドオールスタージョッキーズ(札幌)に外国招待騎手のひとりとして参加するなど、競馬ファンにはなじみが薄いかもしれないが、意外と日本と繋がりがあるのだ。

 ちなみに、ベイズ騎手の12842勝だが、騎乗回数は5万3578回。勝率は.239とこちらも信じられないくらいに高い。アメリカ競馬を彩った名手として、今後も語り継がれていく「レジェンド」といえるだろう。本当にお疲れ様でした。

通算1万2842勝!? 米のレジェンド騎手「ラッセル・ベイズ」引退……その驚愕「成績」と日本と意外なつながりのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!