NEW

イチローの記録認めない「メジャーのトンデモ問題児」 無意味な「アメリカ最高」という裸の王様感覚に辟易

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ichiro-suzuki.jpgイチロー選手(Arturo Pardavila IIIより)

 マーリンズのイチロー選手が15日のパドレス戦で2安打をマークし、日米通算4257安打として、ピート・ローズの持つメジャー歴代最多安打記録を追い抜いた。誰も真似できない、不滅の大記録であることは記すまでもない。

 しかし、各メディアで騒がれている通り、この「日米通算」をどう評価するかが大きな議論にもなっている。記録を抜かれた張本人であるピート・ローズは「高校時代(日本プロ野球時代)のヒットまで合計しようとしている」と発言。メジャーと日本の差が歴然と考え、それで追い抜いたとは思ってほしくないようだ。

 さらに、「他のリーグには申し訳ないけれど、自分にとって、メジャーリーグというのは、唯一無二の存在なんだ」と語ったのは、ヤンキースに主砲Aロッド。日本と米国での通算安打を認めるわけにはいかないということだった。

 まあ、メジャーリーグのプレーオフ最終決戦を「”ワールド”シリーズ」と表現する国だけあって「アメリカこそNo.1」という意識は当然強い。もちろん日本のレベルとの差もあるのだろう。ただ、ピート・ローズは監督時代に野球賭博でMLBを永久追放され、Aロッドも立派なことを言ってるがドーピング疑惑が取りざたされた「問題児」。それを棚上げして発言しても大して響かないだろう。

 そもそもアメリカではピート・ローズの記録自体を重要視しておらず、今回の記録更新にもそれほど盛り上がってはいないらしい。もちろん、ハンク・アーロンなどイチローを素直に絶賛する声もある。そこには日米通算がどうかいう瑣末な意味は感じられない。「だったらピート・ローズのリトルリーグ時代の数字もいれろ」という声も本国ではそこかしこにあるが、その根底にあるのは「アメリカ最高」という裸の王様的な感覚に過ぎない。

 日米通算だろうがなんだろうが、イチローが誰も到達し得ない大記録を打ち立てたのは事実、それでよしとはできないのか。日本のマスコミも騒ぎすぎなのだろうが、イチイチ「アメリカ最高」と唱えなければ気がすまない人物も多いようだ。素直に祝えばいいものを。

 ちなみに、かつて所属したオリックスは、現在でもイチローの古巣復帰を熱望しているそう。そんな電撃移籍があるのだろうか、今後も注目すべき点が消えないスーパースターである。

イチローの記録認めない「メジャーのトンデモ問題児」 無意味な「アメリカ最高」という裸の王様感覚に辟易のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!