NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(5) 限りなく透明に近い街で出会った戦友との絆

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kagirinaku.jpg「限りなく透明に近いブルー」村上龍著(講談社)

 筆者は軍港の街で大学時代を過ごしていた。九州の最西端。長崎の端のほうである。

 村上龍の小説のモデルにもなったことがある、ハンバーガーで有名な街だといえば、ピンと来る方もおられるかもしれない。普段はなんてことはないごく普通の田舎なのだが、月に一度か二度、米軍の軍艦が港に入港すると、街の様子が一変する。右を見ても外人。左を見ても外人。街が外人だらけになるのである。彼らは長い時間を船の上で生活し、そうやって月に一度か二度ほど入港しては、野に解き放たれた野獣の如く、溜め込んだフラストレーションの全てを酒にぶつける。めっちゃ飲むのだ。それはもう、信じられないくらいグイグイ行く。そして吐く。また飲む。

 そして筆者は若かりし頃、まさしくその米兵向けの飲み屋がひしめく一角にある寂れたバーで、米兵が吐き出す胃液と酒代を飯の種にしていた時期がある。つまりはバイトだ。格好よく言えばバーテンダーだが、実際に酒を作るのはNさんというマスターで、筆者は主に場を盛り上げてそれを飲ませる側であった。ちなみに給料はショットの料金から一定の金額をキックバックしてもらう方式で、具体的に言うと「盛り上げて飲ませたら1杯毎に300円」が懐に入る仕組みになっていた。

 結構簡単そうに思えるが、ここで問題になるのが「客が勝手に頼んだ分はカウント外」であり、あくまでも筆者のテクによりオーダーにつながった分が300円になるという部分であった。そしてそのジャッジに明確な基準は無く、すべてはNさんの気分次第。客が多くて店的にもウハウハであろう日ですら判定が厳しかったのに、売上が明らかにヤバイ日などはどう考えても筆者の手柄である分までノーカンにされるという、見事なまでのブラックさであった。

 なんでそんなクソバイトを一年近くもやってたかというと、単純にその店が好きだったからに他ならない。

 約束のバイト代は明らかにピンハネされていたけれど、飲み代は毎回タダだったし、そういう意味ではウィンウィンだったと思う。

 さて、その日筆者は街の中心部にあるCというパチスロ屋にいた。

ぼくらはあの頃、アツかった(5) 限りなく透明に近い街で出会った戦友との絆のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!