NEW

AKB総選挙、毎年恒例の露骨な「視聴率粉飾」に批判殺到! オワコン説そのままに、多くの人は「え、今日なの?」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
akb480223.jpg

 18日に行われたAKB48総選挙指原莉乃が連覇を達成したことを各メディアが大きく取り上げている。

 そんな中、『AKB48総選挙SP』(フジテレビ系)の視聴率が判明。平均視聴率17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と報じられ、高視聴率を獲得したと語られているのだが……。

 第1部(後6:30~7:00)は6.2%、第2部(後7:00~8:51)は8.7%であり、17.6%を記録したのは第3部(後8:51~9:24)のみ。

 わざと途中で区切って数字を高く見せるという「技」は、最近のテレビではよく用いられる手法だが、AKB総選挙では昨年も同じような行為が行われ、ネットを中心に批判が噴出した。

 今回も「本当は平均10%程度じゃないか」「実質去年より下がってるな」「最高視聴率のところだけ30分だけで計算するな」「18日にやることを18日に知った」と呆れたコメントが目立つ。無理やり高視聴率を謳うメディアに対する批判も大きなものとなっている。

「開催された新潟ですが、『新潟のホテルに空室なし』と報じられたため、会場に足を運ぼうと思っていたファンが二の足を踏み、思ったようにチケットが売れていないという情報もありました。実際に会場も、天空席は暗幕が多く、通路が広く取られ、取材用のスペースがかなり広く設けられるなど、メディアに報じられるほどには盛り上がっていないという意見も多い。毎年のこととはいえ、視聴率だけそうした『コントロール』を施すのは、なんとも必死で、寂しい感じがしますね」(記者)

 コンサートチケットが売れない、テレビ出演減少など、以前より「オワコン」と囁かれて久しいAKB48。テレビ局や運営としてはなんとか盛り上げようと動きを見せているのだろうが、世の中の流れには逆らえないということか。一部熱狂的ファンの「CD大量購入」のおかげで、セールスは安泰なのが救いであるが、世間の目は確実に離れているのかもしれない。

AKB総選挙、毎年恒例の露骨な「視聴率粉飾」に批判殺到! オワコン説そのままに、多くの人は「え、今日なの?」のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!