NEW

渦中の吉田羊が「発明」!? 「爆音で熱愛質問遮断」を神木隆之介も実践で、世間の印象急降下か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
netuai.jpg

 タレントの佐野ひなことの熱愛が週刊文春に報じられた俳優の神木隆之介が20日、主演映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の公開直前イベント試写会に出席したのだが……。

 退場時、映画のテーマ曲が大音量でかけられたことで、マスコミが熱愛報道に関する質問はできない状況で終了となった。はて、こんな話どこかで聞いたような……。

 そう、Hey! Say! JUMPの中島裕翔と「20歳差熱愛」が報じられた女優の吉田羊も、舞台から出る際に爆音で報道に関する質問を遮っていた。

 このような形でマスコミをかわす手法は以前はなかったように思える。吉田とその事務所が発明したのだろうか。

 ただ、この手法に一般人は好印象を抱いていないようだ。「別に隠すようなことかよ」「無視すればいいじゃん」「マスコミに話す義理はないと口で言え」「好感度下がるな」と、神木に対する批判であふれていた。もちろん事務所側の配慮だろうが、タレントそのものの印象にも決してよくはなさそうである。

 吉田の際も「なんで答えないのかな」「堂々とすればいいのに」とさほど好意的には捉えられず、「年齢隠すくらいだからな」「整形じゃないの」とまったく別の角度から非難される始末。もちろんお相手がジャニーズアイドルなので、なかなか口に出すことはできないのだろうが……。

 神木と佐野は「ペアルックデート」という非常にオープンな印象の交際発覚だっただけに、マスコミ対応と大きなギャップがあったのも事実である。どうやら今回も、事務所の過剰な対応がタレント自身のイメージに傷を付けてしまったのかもしれない。

渦中の吉田羊が「発明」!? 「爆音で熱愛質問遮断」を神木隆之介も実践で、世間の印象急降下かのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!