NEW

ここが絶好の舞台!? 宝塚記念(G1)で復活期するトーホウジャッカル、鞍上との絆で大物食いなるか!

【この記事のキーワード】

, ,

tohojakkaru0317.jpg

 一昨年の菊花賞馬、トーホウジャッカル。昨年はほとんどいいところなく休養も長かったが、久々に順調にローテをこなしている今年春、大一番である宝塚記念(G1)での復活を期待する声が非常に多い。

 菊花賞は従来のレコードを大幅に更新するタイムで優勝、デビューから史上最短優勝というオマケもついて、今後の活躍に大きな期待がかけられていた。しかし、その後順調にレースをこなせず、昨年は宝塚記念4着、札幌記念8着と2戦しかこなせないまま再び休養に入った。

 ただ、昨年の宝塚記念で見どころ十分の4着に入った実績は見逃すことはできない。今年に入って初戦の阪神大賞典こそ大敗したものの、天皇賞・春ではあわやの脚色を見せて5着。天皇賞ではインコース確保が重要なポイントの一つとなる以上、外を回っての掲示板確保は評価に値するだろう。復調ムードが垣間見えただけに、期待度はより高まっている。

 走法や昨年の宝塚記念を見ても、菊花賞こそ勝利しているものの「この馬は実は長距離馬ではない」という意見も非常に多い。中距離での勝負にも十分対応できるのはすでに証明済みだ。

 また、天皇賞・春で鞍上に戻った酒井学騎手にも期するものがあるに違いない。自身初のクラシック制覇を成し遂げた愛馬の復活に燃えているに違いない。これまで結果を残してきたコンビだけに、復活2戦目での激走も十分に期待できる。

 キタサンブラックにドゥラメンテなど、トーホウジャッカルは今回「伏兵」として登場するが、逆に言えばプレッシャーのない立場で臨める。虎視眈々と復活勝利を狙うクラシックホースに注目だ。

ここが絶好の舞台!? 宝塚記念(G1)で復活期するトーホウジャッカル、鞍上との絆で大物食いなるか!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!