NEW

マイル王モーリス香港のJ.モレイラ騎手と共に8.21札幌記念(G2)参戦へ!陣営の迅速な決断の「裏側」にあった既定路線とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mo-risuyasuda.jpg

 先日5日の安田記念(G1)でまさかの敗戦を喫したモーリス(牡5歳、美浦・堀厩舎)が、秋競馬に向け8月21日の札幌記念(G2、2000m)から始動することが決まった。

 昨年の年度代表馬として、さらには「世界のマイル王」としての”壮行会”とさえ目されていた安田記念で、伏兵ロゴタイプの乾坤一擲の逃げ切りを許したモーリス。昨年1月から続いていた破竹の7連勝に終止符が打たれ、欧州を見据えた世界進出は白紙となっていた。

 とはいえ、すでにマイルG1を4勝しているモーリスにとって、もはや国内マイル路線でやり残したことはほぼないといった状況。

 無論、さらなる地盤固めに意味を求める選択肢もあったが、マイル路線継続ならばアジアを出て世界へ、国内なら中距離路線への進出というのが、ファンやメディアの望むところでもあった。

 そこで打ち出されたマイル王の中距離挑戦。参戦が予定されている札幌記念は、他のG2レースよりも賞金が高い「スーパーG2」といわれており夏競馬最大のレースとして、ここを秋の始動戦に選ぶ超一流馬も多い。結果によるだろうが、陣営の視線の先には10月の天皇賞・秋(G1、2000m)参戦が入っていることに間違いはなさそうだ。

 モーリスにとって2000m以上の距離への挑戦は、7着に敗れた3歳春の京都新聞杯(G2、2200m)以来となるが、今回の札幌記念挑戦にはもう一つ大きな理由がある。

 それこそが、香港を拠点に活躍している世界の名手J.モレイラ騎手の存在だ。

 昨年、札幌競馬場で開催されたワールドオールスタージョッキーズへの参戦を目的に、初来日を果たしたモレイラ騎手。香港競馬で圧倒的な実績を残しているその手腕で見事優勝を果たすと、日本競馬にも衝撃をもたらした。

 その際も日本競馬の素晴らしさに強い関心を示していたモレイラ騎手だが、今春には早くも短期免許での来日を示唆。今年も招待が確実視されているワールドオールスタージョッキーズの開催に合わせて、夏競馬での滞在を希望していた。

 今回はその希望が叶い、8月中旬から3週間の短期免許での来日が予定されている。そして、その期間内にモーリスが出走する札幌記念が開催されるということだ。

マイル王モーリス香港のJ.モレイラ騎手と共に8.21札幌記念(G2)参戦へ!陣営の迅速な決断の「裏側」にあった既定路線とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!