NEW

凱旋門賞の馬券発売は「弱みに付け込む商売」か。成功のカギを握るマカヒキの動向にJRAも冷や汗?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gaisenmonshou.jpg凱旋門賞(Charles Roffeyより)

 JRAは27日、今秋10月2日に開催される凱旋門賞(G1)で、日本では初となる海外競馬の馬券発売を行うと発表した。

 発売方法は「インターネット投票」に限定され、既存の国内レースと同様にJRAが定めたオッズで馬券を発売。具体的には凱旋門賞当日の午前10時より馬券発売を開始し、発走となる23時5分の4分前に締め切りとなるようだ。

 また、発売要項(場名、式別等)、出馬表、馬場状態、騎手変更、オッズ、レース結果、払戻金などの情報は、すべてJRAのホームページにて確認できる環境が提示される。

 今年もドゥラメンテらスターホースのドバイ遠征を皮切りに、モーリスらの香港遠征、ラニの米国三冠挑戦、エイシンヒカリの欧州遠征など、グローバル化が加速している日本競馬のファンにとっては、まさに待ち望んでいた吉報だ。

 だが、各メディアや競馬関係者間では「早急ではないか」という声も小さくはない。

 記念すべき海外発売の第一弾となる凱旋門賞には、一次登録こそ10頭の陣営が名乗りを上げたが、ここ最近は回避報道が相次いでいる。ついには先日26日の宝塚記念(G1)で故障したドゥラメンテまで回避を発表し、現在のところ具体的な出走プランを示しているのは、今年のダービー馬マカヒキただ一頭である。

 その上で、もしもマカヒキ陣営が凱旋門賞の出走を取りやめれば、日本の競馬ファンの凱旋門賞への関心は一気に薄れることになるだろう。そうなればJRAの海外馬券発売はスタートから「大コケ」という結果にもなりかねない。

 実際に昨年の凱旋門賞は日本馬の出走がなく、パブリックビューイングやラジオ中継などはすべて取りやめ。有料競馬チャンネルのグリーンチャンネルこそ中継したが、あとは関西テレビが30分の中継を行っただけであった。

 つまり、マカヒキの動向次第ではそういった事態もあり得るということだ。

凱旋門賞の馬券発売は「弱みに付け込む商売」か。成功のカギを握るマカヒキの動向にJRAも冷や汗?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!