NEW

今度こそ……最強の末脚を持つノンコノユメが帝王賞で初戴冠なるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nonkonoyume.jpgノンコノユメ(JRA公式サイトより)

 29日に行われる地方競馬春の総決算・帝王賞(G1)。地方と中央の交流G1競走として、ホクトベガ、アブクマポーロ、メイセイオペラ、アジュディミツオー、フリオーソ、ヴァーミリアン、スマートファルコンと数多くの砂の王者を輩出してきた伝統あるレースだ。

 今年もその伝統のレースにふさわしいメンバー、特に中央からは現役最強クラスの好メンバーが集結。長くダート界のチャンピオンに君臨するホッコータルマエ、ダート界の逃走王コパノリッキーをはじめ、クリソライト、アスカノロマン、サウンドトゥルーと実績馬がズラリだ。

 中でも「今度こそ」の思いがファンも陣営としても強いに違いないのが、28日21:30現在で1番人気に推されるノンコノユメだろう。

 現在4歳のノンコノユメは通算12戦6勝。これまで掲示板(5着以内)を外したことは一度もなく、持ち味である後方一気の鋭い末脚は、一瞬舞台がダートであることを忘れさせるほどのインパクトを持つ。昨年武蔵野Sを制したレースは、「一体どこまで強くなるんだ」と思ったファンも多かったのではないか。

 しかし、そんな快勝から臨んだチャンピオンズCは伏兵牝馬サンビスタに届かず2着。年明けのフェブラリーSでも、モーニンのレコードの走りに屈しまたも2着。ペースの影響をモロに受けてしまう追い込み馬の宿命といえばそれまでだが、続くかしわ記念ではいよいよリズムを崩したのか、いいところなく4着に敗退。もどかしい日々が続いている。

 それでも、28日時点でファンのいわゆる「大量投資」もあって1番人気。実力や末脚の破壊力は誰もが認めるところ。ダート界の「新星」が「王者」になる瞬間に期待する声は決して少なくないのだ。

 ノンコノユメには”追い風”も吹いている。帝王賞ではコパノリッキーがハナを主張することが予想されるが、これまで同馬をしつこくマークしてきた先行馬のホッコータルマエとともに激しく前でやり合う可能性がある。仮にペースが上がれば、後方で脚を溜めるノンコノユメに大きなチャンスが訪れること必至だ。

 C.ルメール騎手もこの春何度となく惜しい思いもしており、上半期を盛大に締めくくりたいと思っているに違いない。ノンコノユメの最強の末脚に期待だ。

今度こそ……最強の末脚を持つノンコノユメが帝王賞で初戴冠なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!