NEW

帝王賞でクリソライトが「大記録」に挑む! 妹マリアライトの勢いに乗って逆境打破か

【この記事のキーワード】

, ,

kurisoraito.jpgクリソライト(JBISサーチ公式サイトより)

 29日夜、大井競馬場で発走となる帝王賞(G1)。このレースに、未踏の大記録がかかった馬が出走する。

 その名はクリソライト。3歳時にジャパンダートダービーを制し、その後も中央地方問わずダートのトップ戦線で活躍する強豪の1頭だ。

 このクリソライトにどのような記録がかかっているのかといえば、26日に行われた宝塚記念と関係がある。

 宝塚記念の勝ち馬・牝馬マリアライト。マリアライトはクリソライトの妹である。ドゥラメンテやキタサンブラックをねじ伏せた末脚は見事で、小柄な馬体に似合わぬパワーを見せつけていた。

 同じ母を持つクリソライトが帝王賞を勝利すれば、妹に続いて「間隔3日」かつ「芝・ダート」での兄妹連続G1勝利という大記録となる。もしこれが実現すれば、母クリソプレーズとしては鼻高々だろうし、その父で、芝ダート海外問わず活躍したエルコンドルパサーの血脈の濃さも感じられるだろう。

 ただ、クリソライトの大記録達成のハードルはなかなかに高い。これまでダートの代表馬が集まるビッグレースでは勝利がなく、完敗することもしばしばだ。今回の帝王賞でもホッコータルマエにコパノリッキー、ノンコノユメなど強豪がズラリだ。

 それでも、8人気で最強の古馬勢を下したマリアライトと同じく、この勢いに乗ってクリソライトもこの逆境を跳ね返す可能性もあるのではないか。人気もさほどしないので、馬券で狙うなら面白い1頭である。

帝王賞でクリソライトが「大記録」に挑む! 妹マリアライトの勢いに乗って逆境打破かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!