NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(6) 人間万事塞翁が馬。そんなことを思った、台風直撃のパチスロ店

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
taifuu.jpg台風ってワクワクする人いるよね

 人間万事塞翁が馬──。

 これはざっくり言うと「人生は予測できないよね」という意味である。一見すると瑞兆のようでもそれが禍根を残したり、あるいは不幸のドン底に叩き落された経験が後になって幸運を呼び寄せたり。今起きている事がどういう因果でもって未来に影響を与えるかなど、誰にも分からないんだよ……という深イイ故事だ。

たとえば、それは嵐の朝

 大きな雨粒が瓦を割らんばかりの勢いで降り付け、電信柱から伸びる電線が風を切ってびょうびょうと薄暗い笛の音を奏でる台風の日。当時新入社員だった筆者のケータイに会社から「本日は自宅待機で」という連絡が入ったのは、午前8時過ぎだった。その連絡を今か今かと待ち侘びていた筆者は「ああそうですか、残念ですねぇ。働きたかったです」とか言いつつ心の中でガッツポーズを決めるや電話を切り、直ぐにスーツを脱ぎ捨ててジーンズに履き替え、そして「外に出た」。

いわずもがな、パチスロを打つためである。

 季節外れの台風が九州を直撃したその日は、同時に、全国規模のパチスロチェーン店がかの街に初オープンする日だったのだ。

 仕事を始めたばかりだったので対応に苦慮していたものの、なんとタイミングの良い台風であることか。いざとなったらズル休みも視野にいれて作戦を練っていたが、台風のおかげで全てが丸く収まった。土砂降りの雨。びょうびょうと鳴る電線。そう。これは瑞兆である。天が筆者に「お打ちさない」と言っているようだった。空を仰ぎ、ありがとうございますとつぶやいた。そして家をでて3秒で傘を失くした。吹っ飛ばされたのだ。尋常じゃない風雨だった。

 頬を打ち付ける雨に身を屈めながら天を見上げると、コンビニのビニール袋がグルグルと回転しながら、まるで物理法則を無視したような変態軌道で飛翔しているのが見えた。あぁ、瑞兆である。きっと本日の出玉グラフも、あんな感じでグイグイ上昇することだろう。よきかな。よきかな──。すっかり濡れ鼠のようになりつつも自宅から三十秒ほどのところにある駐車場に辿り着き、浄蓮の滝の如く滑る雨垂れをワイパーで吹き飛ばしながら、徐行で国道を進む。
 やがて、パイパスの向こうに白亜の城が──先だって建立されたばかりのパチスロホール、Mが波紋状の視界の先に見えた。

 その時点での筆者の不安がたった一つ。
 
 そう。台風の中、ちゃんと予告通り店がオープンするか否か。それだけだ。

ぼくらはあの頃、アツかった(6) 人間万事塞翁が馬。そんなことを思った、台風直撃のパチスロ店のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!