NEW

「計り知れない大物感」マイネル岡田総帥の「秘密兵器」が15馬身の大差勝ち!すでに来年の英ダービーに登録

【この記事のキーワード】

, ,

keiba0609.jpg

 これは紛れもない「本物」かもしれない。

 先月16日、川崎競馬場で開催された2歳限定レース・若草特別で、マイネル軍団総帥の岡田繁幸氏が所有するトラストが後続に約15馬身差をつける異次元の勝利で、デビュー2連勝を飾った。

 岡田総帥所有の地方出身馬といえば、2003年から活躍したコスモバルクが有名だ。

 北海道の旭川でデビューすると、外厩制度を利用して地方所属馬のまま中央競馬のクラシックに参戦。皐月賞(G1)やジャパンC(G1)で2着するなど、中央顔負けのスターホースの一頭として活躍した。さらには2006年にはシンガポールのエアラインズCを制して、地方馬初の海外G1馬となっている。

 そんな”コスモバルク伝説”から10年余り、岡田氏はクラブ法人株式会社サラブレッドクラブ・ラフィアンの代表取締役社長を退任。一線から退いた後も、その類まれなる相馬眼(馬を見る目)を活かして、中央で戦える超一流の逸材を発掘しては地方所属馬のまま中央競馬への挑戦を繰り返している。

 特に2014年の京成杯(G3)を制したプレイアンドリアルは、当時の3歳クラシック路線の中でも間違いなく上位の存在。日本ダービー(G1)への出走も確実視されていた。ところが脚部不安を発症し、そのまま無念の引退となったのだ。

 あれから2年。岡田総帥がトラストに懸けている期待は極めて大きく、またトラスト自身もそれに見合うパフォーマンスを見せている。

「大物感があるし、可能性は計り知れない。この時期の2歳馬で、これだけの馬に乗ったことないです」と話すのはレースで騎乗した森泰斗騎手。南関東のトップジョッキーにこれだけのことを言わせるのは、相当な器である証だ。

 地方競馬とはいえ後続を約15馬身、タイムにして2.4秒も突き放したのだから、それも当然のコメントか。だが、管理する川崎の河津裕昭調教師は「予想通り。1回使って、追い切りの動きが素晴らしくなったし、これくらいはやれる」と、この圧勝劇を当然のものとしている。

 さらにその秘めたる能力の裏付けとなるのが、その走破タイムだ。

 トラストが記録したダート1400mの1:31.4は、その日の川崎競馬で1つ年上の3歳馬限定で行われた全てのレースよりも1秒以上速いタイム。それも自らがスタートから敢然と逃げ続けて記録しただけに、その価値は極めて高い。

「計り知れない大物感」マイネル岡田総帥の「秘密兵器」が15馬身の大差勝ち!すでに来年の英ダービーに登録のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事