NEW

3歳ハンデ重賞のラジオNIKKEI賞(G3)穴は毎日杯2着のアーバンキッドと思いきや、実は同厩の「あの馬」が『超抜』の最終追い切り!

【この記事のキーワード】

, ,

keibashinbun0228.jpg

 3日に福島競馬場で行なわれる、第65回ラジオNIKKEI賞(G3)

 3歳限定ながら唯一のハンデ重賞ということで、美味しいオッズにあやかりたいところだが、
土曜日時点で6番人気のアーバンキッドと7番人気のストーミーシーの2頭出しとなる美浦の斎藤誠厩舎に注目してみた。

 どちらも重賞で2着の実績がある、ここでは格上の存在。そのためにハンデも56㎏と決して恵まれてはいないが、この2頭ではっきりと「明」と「暗」がわかれた。

「この中間も緩めていませんし、先週の追い切りでジョッキーが乗ってビシッとやっているので今日はサラッとやりました。この梅雨時期は調整に難しいところはありますが、良い状態でレースに向かえると思います」

 斎藤調教師がそうコメントするのは、毎日杯(G3)で2着の実績があるアーバンキッドについてだ。「今日はサラッと」という言葉通り、今週は助手を背に南ウッドチップコースで追われ5F71.6-55.6-40.9-13.5秒と軽めの時計をマークした。

 4月の毎日杯では前々で競馬を運び、3歳でも屈指の実力を誇るスマートオーディンと0.2秒差の2着。その実力を考えれば、6番人気はまさに狙い目と踏んでいた。

 だが、どうやらそうではないようだ。

「前走のNHKマイルCでメジャーエンブレムを追いかけて16着に大敗していますが、これまでもレースを使うたびに相当前向きになっていたそうです。今回は距離が200m伸びるということで陣営は、折り合いの立て直しを中心に調整。その分、気性面での手応えはあったようですが、目標にしていたNHKマイルCと比べて状態には疑問が残りますね。不利な外枠を引きましたし、厳しい競馬になるのではないでしょうか」(記者)

 確かに、アーバンキッドは今回初めて舌を縛って追い切りを行っているが、これも前向きさが出てきた折り合い面を考慮してのことのようだ。斎藤調教師はNHKマイルCから「緩めていない」と話していたが、この春の目標としていたレースを終えたばかりなのに体を休ませなかったのは、陣営に「気性面を整える」という目的があったとも受け取れる。

 逆にNHKマイルCから放牧に出され、しっかりと充電を終えて挑むのが同厩のストーミーシーだ。

3歳ハンデ重賞のラジオNIKKEI賞(G3)穴は毎日杯2着のアーバンキッドと思いきや、実は同厩の「あの馬」が『超抜』の最終追い切り!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事