NEW

福永祐一騎手が9頭立て3番手でまさかの「ドン詰まり」武豊騎手とM.デムーロ騎手に「してやられた」単勝1.7倍の惨敗劇

【この記事のキーワード】, ,

 前をただ一頭の逃げ馬タガノエスプレッソに遮られ、内側にはラチがあり、外から武豊騎手騎乗のグァンチャーレに被せられる。レースは結局、タガノエスプレッソがそのまま逃げ切り、グァンチャーレが2着。まさに前が止まらない「開幕週の馬場」を考慮した名手2人のワン・ツーゴールである。

 今年の2月に、今回と同じ1600万下の条件レースを3馬身以上の差で快勝した実績のあるキャンベルジュニアは、連対すら確保できなかった。競馬に”ドン詰まり”は付き物だが、まさか9頭立てのレースを3番手で進む馬でお目に掛かれるとは……言葉を失うばかりである。

 そんな筆者とは対照的に、言葉を失うどころか”炎上”したのがキャンベルジュニアの某掲示板だ。ここでは掲載できそうもない、あまりに辛辣なコメントが多かったので内容は割愛する。

 だが、福永騎手は宝塚記念(G1)のシュヴァルグランで前の馬を捌ききれずに脚を余して惨敗しており、さらには安田記念(G1)のリアルスティールでは、今回と同じマイルのレースで折り合いを欠いて、やはり大敗している。

 今回は、この2つの「目も当てられないレース」が重なったような惨敗劇。好スタートを切りながら無理に抑えて折り合いを欠き、最後の直線ではわずか9頭立てのレースで行き場をなくして、そのままゴール……。

 当の本人は先日、自分のコラムで「この春は、思い通りに乗れたかどうかは別として、常に一発を狙って騎乗した自負はある」と綴っており、最近の騎乗に及第点を与えていたが、こんな競馬を見せられては信用するのも無理な話だ。

 この春、高松宮記念(G1)を制したビッグアーサー、先述したシュヴァルグランやリアルスティールなど数多くの有力なお手馬を抱えている福永騎手だけに、その手腕に懸かる期待は決して小さなものではない。

 今回はデムーロ騎手と武豊騎手に完全に”してやられた”格好となったが、これからも続く争いの中で一つでも多く借りを返してほしいところだ。

福永祐一騎手が9頭立て3番手でまさかの「ドン詰まり」武豊騎手とM.デムーロ騎手に「してやられた」単勝1.7倍の惨敗劇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  5. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待