NEW

ドバイワールドC2着の名牝トゥザヴィクトリーの”最高傑作”がついにデビュー!世界最高峰の育成牧場ノーザンファームで『横綱』と評される理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
touzaguro-ri-.jpg重賞5勝を挙げたトゥザグローリー(JBISサーチ公式サイトより)

 今年の日本ダービー(G1)を勝ったマカヒキ、2着サトノダイヤモンド、5着リオンディーズ。さらにはオークス(G1)1着シンハライト、2着チェッキーノ、3着ビッシュ、4着ジェラシー。春のクラシックを賑わせた、これらの活躍馬には明確な「共通点」がある。

 それは今の日本競馬で最も大きな成功を収めている社台グループの中でも、その頂点となるノーザンファームで生産されていることだ。

 そして、それは同時にデビューするまでの間に、世界最高峰の優れた環境で馴致が行なわれていることも意味する。つまり、競走馬としてデビューするまでに他の育成牧場と比較して、圧倒的なアドバンテージが築かれているということだ。

 それがノーザンファームが3歳クラシックにおいて、ここまで圧倒的な成功を収めている理由の一つなのだが、今年デビューを迎える2歳世代の中で早くも「ノーザンファームの横綱」と称されている馬がいる。

 それこそが、トゥザクラウン(牡2歳、栗東・池江厩舎)である。

 母は、2001年のドバイワールドカップ(G1)で2着に入り、当時の日本競馬だけでなく世界の度肝を抜いたトゥザヴィクトリー。その後もエリザベス女王杯(G1)を制すなど、歴史に残る名牝に登りつめた。

 引退後も有馬記念(G1)で2年連続3着し、重賞5勝を挙げたトゥザグローリー。また皐月賞(G1)で2着し、弥生賞(G2)までデビュー4連勝を飾ったトゥザワールドを輩出するなど、繁殖牝馬としても一流の実績を上げている。

 そんな兄たちと同じキングカメハメハを父に持つトゥザクラウン。これまでハズレのない組み合わせだけに期待が掛かるが、逆にいえば安定感がある分、これまで「大当たり」のない組み合わせともいえる。

 実際に母トゥザヴィクトリーも世界トップクラスの能力を持っていたもののG1は先述したエリザベス女王杯の1勝だけ。重賞戦線を賑わせた全兄2頭も、G1には手が届いていない。

 ただ、これら3頭に共通することは、優れた持続力を持ちながらも、末脚の”キレ”がなかったことだ。

 そして、それこそが逆に今年のトゥザクラウンが「ノーザンファームの横綱」とまで評価されている所以でもある。

ドバイワールドC2着の名牝トゥザヴィクトリーの”最高傑作”がついにデビュー!世界最高峰の育成牧場ノーザンファームで『横綱』と評される理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!