NEW

【夏季特別企画】史上最強世代の『最後の一冠・菊花賞の行方を占う』Vol.3「昨年のアンビシャスに次ぐ”大物”出現か。ナリタブライアン、キズナの系譜を継ぐ良血馬が覚醒の兆し」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンデ戦とはいえ、やはりこの馬に54㎏は優しすぎたか。

 3日に福島競馬場で行われた、3歳重賞の中でも唯一のハンデ戦となるラジオNIKKEI賞(G3)は、戸崎圭太騎手騎乗のゼーヴィントが1番人気に応えて完勝した。

 レースは2番人気のブラックスピネルがスタートで立ち遅れる中、1枠1番の絶好枠から発進したゼーヴィントは、前に行きたい馬を行かせながらの中団待機。先行勢を見るような絶好のポジションにつけた。

 ミエノドリーマーが引っ張る流れは1000mの通過が59.6秒。アンビシャスが勝った昨年が59.5秒とほぼ変わらないペースだった。

 小回りの福島らしく、4コーナーの勝負所で早めに進出を開始する馬が殺到。先頭を走っていたミエノドリーマーもあっさりとジョルジュサンクにとって代わられたが、すでに手応えが怪しい。

 その一方、内枠の利を活かして、インでじっとしていたゼーヴィントは、直線に入るとすぐに進路を求めて外側にスライド。前が開くと、周りの他馬とはまったく違う手応えで末脚を伸ばし始めた。

 途中、ジョルジュサンクを交わして先頭にたったダイワドレッサーがよれて進路を塞がれるが、一瞬のうちに立て直すと、最後はねじ伏せるように前を捕らえてゴール。着差こそ1馬身1/4の差だったが、内容はそれ以上の完勝だった。

【夏季特別企画】史上最強世代の『最後の一冠・菊花賞の行方を占う』Vol.3「昨年のアンビシャスに次ぐ”大物”出現か。ナリタブライアン、キズナの系譜を継ぐ良血馬が覚醒の兆し」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!