NEW

安田記念で「仲間」を失ったイスラボニータ、秋は背水の陣!? 再び輝くべく燃え上がる嫉妬と闘志?

【この記事のキーワード】, ,
isuraboni-ta.jpgイスラボニータ(競馬つらつらより)

 前走安田記念(G1)を5着に終わったイスラボニータが、秋は昨年3着だった毎日王冠(G2)で始動することがわかった。その後は天皇賞・秋、マイルCSと昨年のローテーションを踏むのだろうか。

 すでに2年近く勝利から遠ざかっている同馬。なかなか古馬になって活躍できない2014年のクラシック世代だが、イスラボニータもそのご他聞に漏れずという状況である。

 とはいえ、これまで掲示板を外したのは17戦してわずか2。マイル~中距離では安定感は示せており、現役でも上位に位置される競走馬であることは間違いない。

 それでも、皐月賞制覇時の期待感からいえばやはり物足りない部分もある。「もっとダメダメなクラシックホースもいるからいいではないか」という声もあるだろうが、当のイスラボニータ陣営からすれば、それでは済まされない「事情」がある。

 今年春まで、同馬とまったく同じようなキャラクターの競走馬がいた。それが13年の皐月賞馬ロゴタイプだ。同馬もまたクラシックで強い競馬をしながら古馬になって一気に成績が下降。時折馬券に絡むものの実に3年以上も勝ち星がないまま競走生活を送り、扱いとしてはイスラボニータ以下だった。

 しかし今年、ロゴタイプは安田記念で思い切った逃げに転じ、田辺裕信騎手の絶妙なペース配分で見事な逃げ切り勝利。G1競走3勝目をあげた。5着に敗れたイスラボニータからすれば「同胞がいなくなった」といったところか。しかもロゴタイプが下したのは、当時7連勝中で昨年の年度代表馬モーリスである。

 同系キャラの「復活劇」を見せられてしまった今、イスラボニータ陣営ももう一度光輝くべく燃えているに違いない。昨年は毎日王冠から天皇賞、マイルCSと「3戦連続3着」というどこかのルーラーシップのような戦績になってしまったが、今年はそれ以上の結果を残せるのか注目である。

安田記念で「仲間」を失ったイスラボニータ、秋は背水の陣!? 再び輝くべく燃え上がる嫉妬と闘志?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?