NEW

「古豪の意地」か「新勢力の勢い」か……好メンバーのプロキオンS(G3) 昨年「G1馬」の初ダート挑戦にも注目!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
purokion.jpg「JRA公式サイト」より

 今週末の10日(日)に開催される夏のダート短距離重賞プロキオンS(G3)には、なかなかの好メンバーが集った。

 実績No.1は2013年のフェブラリーS(G1)の覇者グレープブランデー(牡8歳、栗東・安田厩舎)だ。

 今年で8歳を迎えるが能力に大きな陰りは見られない。勝ち星こそ3年以上遠ざかっているが、今年のフェブラリーSの前哨戦となった根岸S(G3)では、後にフェブラリーS を勝つことになるモーニンを相手に0.4秒差の3着。古豪健在を見せつけている。

 古豪健在といえば、もう一頭のブライトライン(牡7歳、栗東・鮫島厩舎)も忘れてはならない。

 2013年にみやこS(G3)を勝利してからは今一歩足りない競馬が続いていたが、7歳を迎えた今年になって成績が上昇。前走のオアシスS(OP)では、ついに約3年ぶりの勝利を挙げた。それも58㎏を背負っての完勝で、斤量面が2kgも楽になるここは再び期待だ。

 だが、当然ながら若い力は侮れない。特にノボバカラ(牡4歳、美浦・天間厩舎)のここ最近の充実ぶりには目を見張るものがある。

 3歳の頃からユニコーンS(G3)で2着するなど能力の片りんは示していたが、4歳になっていよいよ本格化。走りに安定感が出てきた。今年の3月に今回と同じ舞台設定の納屋橋S(1600万下)を快勝してから3連勝。かきつばた記念(G3)で重賞初勝利を挙げた。前走の北海道スプリントC(G3)でも2着と、その勢いはここでも中心視されていい。

 最近の充実ぶりではニシケンモノノフ(牡5歳、栗東・庄野厩舎)も負けてはいない。

「古豪の意地」か「新勢力の勢い」か……好メンバーのプロキオンS(G3) 昨年「G1馬」の初ダート挑戦にも注目!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!