NEW

昨年は『100万馬券』が炸裂!過去5年間、荒れに荒れまくっている七夕賞(G3)だが、大万馬券のカギを握るのは「1、2番人気」の馬?

【この記事のキーワード】, ,
tanabata.jpg「JRA公式サイト」より

 今年も福島競馬場で10日、サマー2000シリーズの初戦となる七夕賞(G3)が開催される。

 過去5年間の結果を振り返ると、2011年が3連単8万4620円の”高配当”。だが、実はこれが最も固い配当である。2012年が59万1030円、2013年が31万70円、2014年が12万1740円、そして昨年2015年に至っては100万6440円と、ついに「100万馬券」の大台を突破した。

 そんな荒れに荒れまくっている七夕賞。今から有力馬を紹介するが、果たして役に立つのか……筆者でさえ疑問を持たざるを得ないところだ。これだけ荒れていると一見、人気馬などまったく信用できないような印象を受ける。

 だが、実は上記した過去5年間でも「1番人気か2番人気の馬が、必ず馬券圏内に絡んでいる」だけに、上位人気のチェックも必須だ。

「1番人気か2番人気の馬が、必ず馬券圏内に絡んでいる」とはいえ出馬表を見た限り、どれが1番人気になるのかさえ見極めが困難な状況。ましてや七夕賞はハンデ戦だ。こんな時は”某巨大競馬サイト”の予想人気のお力をお借りしたい。

 某巨大競馬サイト様のお告げによると、1番人気はアルバートドック(牡4歳、栗東・須貝厩舎)らしい(ホンマカイナ)。

 ドゥラメンテ、キタサンブラックなど、この春猛威を振るった4歳馬の中でも3歳から存在感を発揮していたアルバートドック。菊花賞(G1)に挑戦したあとは中距離からマイルにシフトして、今年2月の小倉大賞典(G3)で念願の重賞初制覇を飾った。

 前走のエプソムC(G3)では、最後の直線で中団やや後ろから上がり3ハロン33.4秒の脚を使ったが、勝ったルージュバックの32.8秒を筆頭に上位陣がそれ以上の末脚を繰り出したせいで7着と伸びきれず。ただ、完全に切れ負けといった格好なので、着順ほど悲観する必要はなさそうだ。

 福島は初めての参戦になるが、唯一の重賞勝ちは福島と同じ小回りで直線の短い小倉で挙げたもの。小回りへの適性は高そうで、前走よりも上がりが掛かる馬場もこの馬にとってプラスに働きそうだ。

 続いて2番人気に予想されているのが、ヤマニンボワラクテ(セン5歳、栗東・松永幹厩舎)だ。

昨年は『100万馬券』が炸裂!過去5年間、荒れに荒れまくっている七夕賞(G3)だが、大万馬券のカギを握るのは「1、2番人気」の馬?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か