NEW

藤田菜七子のライバル? 名古屋競馬の木之前葵騎手がJDD(Jpn1)参戦へ

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kinomae.jpg

 名古屋競馬の女性騎手、木之前葵騎手が、13日に大井競馬で行われるジャパンダートダービー(Jpn1)にカツゲキキトキトで出走する。

「女性騎手」といえば、JRAで16年ぶりに誕生した藤田菜七子騎手が話題を独占しているが、木之前騎手も競馬ファンの間ではそのルックスから大きな人気を集めている存在。成績に関しても3年目で通算167勝(7月7日現在)と、その手腕も相当である。

 さらに木之前騎手、女性騎手としてはすでに「ワールドワイド」な記録も有している。

 昨年5月、イギリスのリングフィールド競馬場で行われたアブダビのファティマ・ビント・ムバラク殿下主催のレディースワールドチャンピオンシップ第8戦で、マンオブドリームズに騎乗し勝利。しかも、海外「初騎乗初勝利」という快挙を成し遂げている。菜七子騎手と並んで、競馬界に明るい話題を届けてくれるホープといえるだろう。

 今回のジャパンダートダービーには、前走ユニコーンSで圧倒的な強さを誇ったゴールドドリームとストロングバローズという中央の期待馬も参戦を予定しているだけに、カツゲキキトキトの戦いは極めて厳しいものとなることは間違いない。

 しかし、14年にはすでにJBCレディスクラシックに出走しているなど、大舞台での経験も初めてではない。カツゲキキトキトは今年3月に新春ペガサスカップで初重賞制覇をもたらしてくれた思い入れの強い馬。このチャンスに、木之前騎手が「神騎乗」を見せてくれることを期待したい。

藤田菜七子のライバル? 名古屋競馬の木之前葵騎手がJDD(Jpn1)参戦へのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!