NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(7)「居酒屋で大勝ちのエピソードを語り合うスロッターに舞い降りた魔の刻」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gorira.jpgダメ、ぜったい。ではありません

 スロッター・パチンカーならば誰しも持つ、一輪の花。

 ベスト・バウト。最高の勝利体験。つまりは大勝ちの思い出だ。スロッター同士が三人も集まって酒を飲めば、結構な確率でそんな「秘蔵の大勝ちエピソード」を告白しあうことになる。実際筆者も過去100回くらいはこの手の話をしたことがあるし、倍以上の数を人から聞いた。

 これは野生のゴリラがサバンナで行うドラミングに近い。あの、胸を両手でドンドコドンドコと叩くやつだ。求愛行動や攻撃のサインと誤解されがちだが、あれは実のところ「あなたとは戦いたくありません」のサインらしい。戦いたくない相手が来た時にドンドコして引き分けを狙うのである。なるほど、エコである。出会い頭にいちいち縄張り争いをしてたら、ゴリラもそりゃあ絶滅するだろう。誠に賢い生き物である。だが奴らはドラミングを返してこない相手には フンを投げるので注意した方がいい。ゴリラに出会ったらまずドラミングを返す。これは鉄則であると肝に銘じ、来たるべき日のために大胸筋を鍛えよう。さもなくばパンチの効いたのが飛んでくることになる。

 さて、ある日のことだ。

 筆者は近所の居酒屋でお酒を飲んでいた。メンツは筆者のほか、先輩スロッターのR氏。そしてちょっとだけ年下の「まっちゃん」という男だった。二人とも仕事で付き合う内に趣味がパチスロであることを知り、互いに誘い合って遊ぶようになったのだった。

 その日も上野の居酒屋で酒を飲みつつ「最近のスロ」について熱い議論を交わしていたが、酒が進んだところで必定、ベスト・バウトの話題がおいでなすった。

 ちなみに筆者のベスト・バウトはエンターライズの「モンスターハンター月下雷鳴」での話だ。意外と最近なのでびっくりされる。朝から晩までずっと出っぱなしで、気づけば4号機時代にも体験したことがない差枚二万枚を達成した。ジェットカウンターに持ってくのに業務用のキャスターみたいなのを使ったのも初めてなら、計算中に見物客から遠巻きに眺められたのも初めてだった。

 ただし安心してほしい。5スロである。

 その日もまずは筆者が件の話を面白おかしく披瀝し、次にR氏が「スーパービンゴで一日に二回4桁ATをブチ当てて三万枚達成」の話をカマしてきた。

 この話を聞くのは3回目くらいだったが、筆者は上機嫌で「おお! すごいですねぇ! ヨッ! 鶯谷の爆裂天使!」みたいな合いの手を入れてたように思う。

 ドラミングである。筆者が胸を叩くや、R氏がドンドコドンドコとそれを返す。正直R氏にしても筆者のモンハン話なんかゲップが出るほどご存知なのだが、野暮なツッコミはしない。優しい空間だった。

 さて、筆者、R氏ときたら、つぎはまっちゃんのターンである。

 そういえば我々はまだ彼のドラムプレーを拝聴してない。どんな音色を奏でるのか。さあその鍛え抜かれた大胸筋の張りを見せてみよと言わんばかりに、筆者もR氏もグラスを片手に聴きの体制を作った。

 やがてたっぷり間を置いて、まっちゃんは少し下唇を舐めたあと、こう言った。

──いや、僕、万枚童貞なんですよね。

ぼくらはあの頃、アツかった(7)「居酒屋で大勝ちのエピソードを語り合うスロッターに舞い降りた魔の刻」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!