NEW

【G1展望・ジャパンダートダービー】3歳ダート頂上決戦!豪華メンバーのJRA勢を迎え撃つ地方勢。「物議」を醸した東京ダービー馬も登場!

jdd.jpg東京シティ競馬」公式サイト

 13日に、大井競馬場で中央・地方を含めた3歳ダートの頂点を争う第18回ジャパンダートダービー(G1)が開催される。

 クリソライト、カゼノコ、昨年のノンコノユメなど歴代の王者を振り返れば「さすがダービー」といえるだけの層々たる顔ぶれが並んでいるが、今年の3歳ダート王者に輝くのはどの馬か。全国の地方競馬、そして中央競馬からトップクラスの強豪馬が集結した。

 純粋な力関係ではやはりJRA勢に分があるが、今年の大将格を務めるのが前走ユニコーンS(G3)を制して重賞初制覇を飾ったゴールドドリーム(牡3歳、栗東・平田厩舎)だ。

 前走のユニコーンSでは好位から早めの競馬で直線を迎え、最後は先に抜け出したストロングバローズとの叩き合いを制してゴール。ここまで5戦4勝2着1回と、同世代を相手に一枚上のパフォーマンスを示している。

 そのゴールドドリームと互角の勝負を演じたストロングバローズ(牡3歳、美浦・堀厩舎)もライバルとの決着をつけるべく、ここに参戦してきた。

 前走のユニコーンSでは早めに抜け出しを図ったが、最後は勝ち馬との叩き合いに敗れた。しかし、2月のヒヤシンスS(OP)では0.3秒差だったゴールドドリームとの差が、今度はクビ差まで詰め寄った。1800mの伏竜S(OP)を勝っているだけに距離延長は望むところ。3度目の正直で逆転なるか。

 先述したようにゴールドドリームは、ここまで5戦4勝。唯一の土を付けたのが逃げ馬のケイティブレイブ(牡3歳、栗東・目野厩舎)だ。

 前走の兵庫チャンピオンシップ(G2)では果敢にハナを奪い、ゴールドドリームの猛追を最後までしのぎ切って重賞制覇。逃げ馬だけに脆い面もあるが、ハマった時の強さを改めて証明した。今回、この馬にとって最も大きなプラスは、国内・地方・海外問わず大舞台で神懸った逃げを見せている武豊騎手を鞍上に迎えられたことだろう。

 他にも昇竜S(OP)を勝ったダノンフェイス、鳳雛S(OP)を勝ったキョウエイギアなど3歳ダートのトップクラスが勢揃い、JRA勢は今年も抜群の層の厚さを見せている

 そうなると苦しくなるのが迎え撃つ地方勢となるが、毎年全国からトップクラスが集うジャパンダートダービーに限っては、地方馬も決して侮れない存在だ。

 実際に過去10年を振り返っても2010年のマグニフィカ、2007年のフリオーソと地方馬が2勝を挙げており、昨年の3着も浦和競馬所属のラッキープリンスだった。ジャパンダートダービーの高配当の使者は、間違いなく地方勢である。

 そんな地方勢の大将格は、やはり東京ダービーを制したバルダッサーレ(牡3歳、大井・中道厩舎)だ。

【G1展望・ジャパンダートダービー】3歳ダート頂上決戦!豪華メンバーのJRA勢を迎え撃つ地方勢。「物議」を醸した東京ダービー馬も登場!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待