NEW

夏の最後方ポツン……「この騎手の馬券を買うやつが悪い」横山典弘騎手の無抵抗騎乗にファン唖然

【この記事のキーワード】

, ,

kamisama.jpg

 やはり、この騎手だけはわからない。それは筆者が凡人だからだろうか。

 10日、福島で開催された七夕賞(G3)。レース前から大荒れの結果が予想され、誰が勝っても……言い換えれば、誰にでもチャンスがありそうなハンデ戦だったが、レースを制したのは現在リーディングを快走している戸崎圭太騎手のアルバートドックだった。

 やはり「競馬は騎手」ということだろうか。

 レースでは、8番人気のメイショウナルトが一発を狙って果敢に逃げを打った。外連味のない逃げを見せ、後続集団を3馬身、4馬身と突き放していく。

 だが、そんなメイショウナルト以上に集団をぶっちぎっている馬がいた。
 それこそが横山典弘騎手が騎乗したマジェスティハーツである。

 あの「武豊以上の天才」といわれている関東の名手は「直線の短い福島で、ここから一体どうするのか」と思わず考え込んでしまう大胆な位置取り。集団からは5馬身ほど離された、堂々の最後方待機である。

 つまり、正しくは「ぶっちぎっている」ではなく「ぶっちぎられている」ということだ。

 冒頭でも触れた通り、この七夕賞は1番人から5.8倍、5.9倍、5.9倍、6.9倍、7.1倍と続くほどの大混戦で、マジェスティハーツは11.3倍の6番人気だった。要するにワンチャンスあるといった存在だ。

 だが、そんなマジェスティハーツの馬券を買っていた人は、レース中にこの馬を見つけることさえ困難だったに違いない。あの位置取りは、それくらい蚊帳の外だった。

 しかし、まだレースは中盤。ここから横山典騎手が天才たる所以となる妙技を繰り出してくれれば何の問題もない……とワラにも縋る思いで祈った人はいても、自信をもって”大逆転”期待していた人は少なかったのではないだろうか。

 何故なら、この騎手の「最後方ポツンそのまま」は競馬ファンの間では有名だからだ。

夏の最後方ポツン……「この騎手の馬券を買うやつが悪い」横山典弘騎手の無抵抗騎乗にファン唖然のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!