NEW

リーチザクラウンにアンライバルド。切ない09年クラシック世代が種牡馬で大活躍!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
r-chizakuraun.jpg「JBISサーチ公式サイト」より

 2013年に引退したリーチザクラウンの初年度産駒・ニシノオウカンが日曜福島の新馬戦で完勝。リーチザクラウンはこれで早くもJRA3頭目の勝ち上がりとなった。

 リーチザクラウン産駒の登録は34頭。その中で早くも3勝目というのはもはや驚異的っと言って差し支えない。現役時代は栄冠に届くことはなかったが、種牡馬としての「逆襲」がすでに始まっている。同馬の父・スペシャルウィークの後継候補がようやく登場した印象だ。

 リーチザクラウンは、09年のダービー2着馬。同期にはそのダービーを制したロジユニヴァース、皐月賞馬アンライバルドなどが目立つところか。さらに、リーチザクランが2着となった新馬戦にはアンライバルド(1着)、最終的に牡馬混合も合わせてG1競走6勝を達成する女王ブエナビスタ(3着)、菊花賞馬スリーロールス(4着)が一同に集い、後に「伝説の新馬戦」と呼ばれている。

 しかし、ブエナビスタは別として、この世代はクラシック戦線を戦い抜いた後は鳴かず飛ばず。前述した馬の中で古馬G1を勝利した馬はおらず、歳上のドリームジャーニーや翌年のヴィクトワールピサ世代に押されまくっていた印象がある(後にトーセンジョーダンなどは出ているが)。その後オルフェーヴルなども登場し、完全に蚊帳の外状態だったのだ。

 しかし、種牡馬となってからは、前述のリーチザクラウンがロケットスタートを決めている。しかもそれだけではない。アンライバルドはファルコンS勝利馬であるトウショウドラフタに、東京ダービーを制したバルダッサーレを輩出するなどこちらも存在感を示している。ブエナビスタの初年度産駒であるコロナシオンも今年デビュー予定。あとはロジユニヴァース産駒のデビューを待つばかりである。

 種牡馬として順調なスタートを切った09クラシック世代。競走馬時代のリベンジを果たせるか注目である。

リーチザクラウンにアンライバルド。切ない09年クラシック世代が種牡馬で大活躍!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!