NEW

NHK女子アナが「援助交際愛人クラブ」登録者だった! 男女醜聞だらけのNHKと、登録クラブの危険な「裏側」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
terebi.jpg

 NHKの地方局に勤める20代の現役女性アナウンサーが、「高級愛人クラブ」に登録していたと、「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

 同誌によれば、この女子アナは地方局採用の契約キャスターで名前は伏せられており、登録の事実を認めているという。日本全国に支店を持つ高級愛人クラブ「X」に登録し、これまで4人の男性とデートしたそう。疑われるのは売春の有無だが、「タレントからAV女優まで」の謳い文句もあり、売春防止法に違反する可能性もあるそうだ。

 NHKの地方局アナウンサー2人の「カーセックス不倫」スクープから日も経たない中でのこのスキャンダル。またしてもNHKのイメージに傷がつくような出来事が起こってしまった。今回は局アナではなく契約キャスターだが、イメージ低下は容赦なく起こってしまうに違いない。

 ネット上では「貞操観念は死語なんだな」「借金でもあったのか、性癖なのか」「女子アナなんてやったらバレるだろ」など、様々な意見が飛び交っている。

 さらに、「週刊新潮」(新潮社)でも同じくこのスキャンダルを報道。ここでは「愛人」ではなく「援助交際」とはっきり記している。支局はNHK室蘭放送局ということまで明らかにされており、ここでも13日発売の本誌にインタビューが掲載される予定となっている。

 男性は最低でも「50万円」を払わねばならず、かなりの高額。この女性は「結婚相談所みたいなものだと思った」「愛人クラブだとは知らなかった」と語っているそうだが、言い訳としては苦しいだろう。

NHK女子アナが「援助交際愛人クラブ」登録者だった! 男女醜聞だらけのNHKと、登録クラブの危険な「裏側」のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!