NEW

史上最高売り上げに英国EU離脱ショックも関係なし!セレクトセール2日目はサトノダイヤモンドの鬱憤を晴らす『里見無双』総額13億2,700万円のお買い上げ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
serekutose-ru.jpg

 2日目を迎えた日本最大の競走馬競り市『セレクトセール』だが、やはりあの"名物馬主"が黙ってはいなかった。

 初日から総額81億3,030万円もの売り上げを叩きだし、昨年の売上レコードを大きく更新したセレクトセール2016。目玉となる当歳馬のセリが行われた2日目は、さらなる衝撃価格が連発した。

 その中でも圧倒的な存在感を放ったのが、「サトノ」の冠名で有名なセガサミーホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長・里見治氏だ。昨年もジョコンダIIの2014を2億3,500万円というその年の最高価格で落札した里見氏だが、今年はそれを大きく上回る2億8,000万円でサトノダイヤモンドの全弟を購入した。

 当然、今年の最高落札価格を記録。当の本人は、今年のサトノダイヤモンドが日本ダービーで2着だっただけに「近づいただけでは意味がない。頂点まで行かないと」と金額に糸目をつけない、さすがの貫録である。

 この日は、里見氏の独壇場だった。話題の中心となったサトノダイヤモンドの全弟だけでなく、母がフランス1000ギニーの優勝馬であるイルーシヴウェーヴの2016も同額の2億8,000万円で落札。

 結局他にも7頭もの仔馬を落札し、2日間合計で13頭を購入。合計13億2,700万円のお買い上げだ。

 今年もセールの主役を務めた本人は「いい馬が買えたので(満足度は)100%。金額はちょっと行き過ぎだけど」と涼しい顔。サトノ軍団悲願のG1制覇へ向けて、今年もアクセル全開だった。

 終始大盛況だったこの日、里見氏に次いで気を吐いたのは大塚総合税理士法人の代表を務める大塚亮一氏。2日間を通じて最後のディープインパクト産駒で、昨年の最高を上回る2億4,000万円の落札額を叩きだした。

史上最高売り上げに英国EU離脱ショックも関係なし!セレクトセール2日目はサトノダイヤモンドの鬱憤を晴らす『里見無双』総額13億2,700万円のお買い上げ!のページです。GJは、競馬、サトノダイヤモンドセレクトセール里見治の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!