NEW

「暴走癖」リオンディーズは天皇賞・秋を目標に! 「弱点」を克服し、世代屈指の能力解放に期待大

【この記事のキーワード】

, ,

riondhi-zu.jpgリオンディーズ(競馬つらつらより)

 昨年の2歳王者リオンディーズが、秋の目標を10月末の天皇賞・秋(G1)に定めることがわかった。前哨戦は様子を見て、とのこと。

 史上最強と謳われた現3歳世代の主役の一角として春のクラシックに挑んだリオンディーズだったが、皐月賞では斜行で降着の5着、続く日本ダービーでも後方から追い込んだが上位には届かず5着と栄冠は手にできず。ダービーではライバルのエアスピネルにも先着されてしまった。

 同馬の最大のウィークポイントはその気性の激しさによる折り合いの難しさだ。皐月賞では向こう正面過ぎで早々に先頭に立つ”暴走”。ダービーでは返し馬で大暴れし体力を消耗。例年ならこれでも馬券圏内に収まる可能性はあっただろうが、空前のハイレベルだった同世代では致命的となってしまった。

 無論、天皇賞には歴戦の古馬が多数出走し、ここで勝利するハードルも当然高い。ただ、能力という点だけでいえば同世代のマカヒキやサトノダイヤモンドにヒケを取らないことは誰もが認めるところ。あとは弱点である折り合いに関しての成長が見込めれば……ということだろう。

 2歳時にマイルG1を制し、現状気性難を克服できていない状況など、菊花賞ではなく中距離G1を選択するのは自然だ。ここで結果を残し、有馬記念などで再び同世代と激突する姿が今から楽しみだ。

 マカヒキは凱旋門賞、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティは菊花賞、リオンディーズは天皇賞へ……。春のクラシックを独占した「5強」の中でローテが決まっていないのは、これでエアスピネルのみとなった。同馬も距離の融通が利きそうなタイプなので、どのような選択をするのか注目だ。

「暴走癖」リオンディーズは天皇賞・秋を目標に! 「弱点」を克服し、世代屈指の能力解放に期待大のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!