NEW

【重賞展望】負けたら土下座!? 野望に燃える「競馬界の半沢直樹」ことバイガエシが大混戦の函館記念(G3)に殴り込み!今年も10万馬券超えは必至か!

【この記事のキーワード】

, ,

hakodateki.jpg函館記念2015(JRA公式サイトより)

 今週末、唯一の重賞・函館記念(G3)は今年もなんとも”微妙な”馬が集まり、大混戦になりそうだ。その上ハンデ戦となれば、毎年のように荒れた結果が続くのも無理はない。ちなみに昨年も3連単12万4,990円と、やはり10万馬券を超えている。

 だが、混戦の中でも1番人気になりそうなのは巴賞(OP)を勝ったレッドレイヴン(牡6歳、美浦・藤沢厩舎)か。

「関東の秘密兵器」といわれたレッドレイヴンも、もう6歳。かつては青葉賞(G2)やAJCC(G2)で1番人気に推されるほどの期待馬だったが、ようやく重賞初制覇のチャンスが巡ってきたのかもしれない。

 函館記念と関連性の高い前走の巴賞では、3年連続の挑戦でついに初勝利。これ以上ない勢いに乗って、ついに秘められた素質を開花させるか。昨年は巴賞2着から本番を迎えて5着。ハンデは昨年よりも1kg重くなったが、ハンデキャッパーが前走の内容を高く評価したと捉えたい。鞍上は巴賞勝利の池添謙一騎手が務める。

 この本命馬に対抗しそうなのが、洞爺湖特別(1000万下)を5馬身差で圧勝したバイガエシ(牡4歳、栗東・作田厩舎)だ。

 もともと神戸新聞杯(G2)で4着するなど、高い素質を見せていたバイガエシだが、新馬戦で敗れて以来の函館挑戦となった前走の内容が圧巻。最後は鞍上の藤岡佑介騎手が余裕のガッツポーズを決めるほどの楽勝で、新馬戦の頃とは馬が違うことを見せつけた。

 だが、まだ1000万下を勝ったばかりの馬に54㎏のハンデは如何にも見込まれた感がある。実際に作田調教師も「1kg重いね」と嘆いていたほどだ。ただ、引き続き手綱をとる藤岡佑騎手は「能力をハンデキャッパーが認めたからでしょう」と自信を見せていた。

 トップハンデとなってしまったが、今回のトーセンレーヴ(牡8歳、栗東・池江厩舎)には、それを覆すプラス要素があまりに多い。

【重賞展望】負けたら土下座!? 野望に燃える「競馬界の半沢直樹」ことバイガエシが大混戦の函館記念(G3)に殴り込み!今年も10万馬券超えは必至か!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!