NEW

その記録は「ギネス級」!? 函館記念に出走する「世界を股に掛ける名馬」ならぬ「世界に股を掛けられた迷馬」とは

【この記事のキーワード】, ,
to-senre-vu.jpgトーセンレーヴ(JBISサーチ公式サイトより)

 今週末の函館記念(G3)には、世界を股に掛ける名馬……いや、「世界に股を掛けられた名馬」が出走する。

 もうここまで述べれば熱心な競馬ファンなら気付いているだろうが、「世界に股を掛けられた名馬」とは、ここでトップハンデを背負わされたトーセンレーヴのことだ。

 史上最強牝馬の一頭となる6冠馬ブエナビスタを筆頭に、数多くの重賞ウイナーを送り出した名牝ビワハイジと、日本競馬を牽引するディープインパクトとの間に産まれた傑作として、デビュー時からとてつもない期待を背負わされていたトーセンレーヴ。

 だが2011年2月のデビューからここまで約5年間、今週の函館記念で28戦目を迎えるキャリアを積み上げてきたが、未だG1勝ちはおろか、重賞制覇はエプソムC(G3)だけという現状だ。

 その苦悩に満ちた競走生活をありありと物語っているのが、ここまで乗せたジョッキーの数だ。デビューから28戦で実に16人もの騎手が跨っており、さらにその内13人が外国人騎手。まさに世界を股に掛ける名馬ならぬ「世界に股を掛けられた名馬」である。

 ちなみにデビューから順に騎乗した騎手を並べるとU.リスポリ(イタリア)、C.ウィリアムズ(オーストラリア)、N.ピンナ(イタリア)、C.ルメール(フランス)、T.クウィリー(イギリス)、C.スミヨン(フランス)、W.ビュイック(イギリス)、A.シュタルケ(ドイツ)、武豊(日本)、藤岡佑介(日本)、P.ブドー(フランス)、Z.パートン(オーストラリア)、H.ボウマン(オーストラリア)、S.フォーリー(アイルランド)、武幸四郎(日本)、D.ホワイト(香港)となる(国名は所属国。ルメールは当時の所属)。

 このまま「上記が8月のワールドオールスタージョッキーズに出場する騎手です」と述べても、特に違和感のない9カ国から集った超豪華メンバーだ。

 エージェントの介入により人間事情が希薄になり、騎手がころころ替わる馬は珍しくなくなったが、ここまで国際色豊かな馬はさすがにいない。ギネスに申請すれば通るかもしれないレベルだ。トーセンレーヴは、まさに『一人ワールドスーパージョッキーズシリーズ』(こちらに出場した騎手が多いので、あえて古い呼び名を使ってみた)である。

 だが、裏を返せばトーセンレーヴのキャリアは、騎手起用だけを見ても「迷走」そのものと述べても過言ではないだろう。

その記録は「ギネス級」!? 函館記念に出走する「世界を股に掛ける名馬」ならぬ「世界に股を掛けられた迷馬」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと