NEW

TOKIOではお荷物? 「上半期テレビ出演」1位の国分太一にブーイングが多い理由は過去の「失態」か

【この記事のキーワード】

, ,

terebi.jpg

「2016上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、TOKIOの国分太一が1位(366本)となった。2位のバナナマン・設楽統に30本差をつける圧勝で、年間出演本数3連覇も現実味を帯びている。

 自身がMCを務める『白熱ライブ ビビット』(TBS系)や『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系)という2つの帯番組を軸として、『男子ごはん』(テレビ東京)、『たけしのニッポンのミカタ!』(同)などにも出演。その上でTOKIOでの出演もあるのだからこの結果も当然か。

 しかし、この「戴冠」には冷ややかな声ばかりが目に付く。「全然結果出てないけどね」「そうなの? テレビで見たことない」など、出演本数の結果と一般の認識に大きな溝があるという指摘が多数。『ビビット』は視聴率が昨年一時3%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に低迷し、『おさんぽジャパン』にいたっては”5分間”だけの番組。国分のMC力に疑問を呈する声も少なくないのが現状だ。

 TOKIOの中でも他メンバーと比べて明確なキャラクターを持たない国分の人気は非常に低い。『鉄腕ダッシュでは空気』『料理番組で食うだけ』と辛らつなコメントも散見。バンドでも必要なのかイマイチ微妙な空気の『キーボード』で、器用さがウリのTOKIOの中では、どうしても存在感の薄さが目立つ。

 昨年9月に結婚し、公私ともに順調な日々を過ごしているはずだが、世間の評価は芳しくはないようだ。過去にまき散らした「醜聞」のせいだと指摘する声もある。

TOKIOではお荷物? 「上半期テレビ出演」1位の国分太一にブーイングが多い理由は過去の「失態」かのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!