NEW

ダルビッシュ弟、翔被告に懲役2年6カ月求刑。2億以上の金額で賭博に身を落とした弟の「ワルすぎる」過去と取り巻き

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kajino.jpg

 トークアプリ「LINE」を使って野球賭博をしたとして、賭博開帳図利などの罪に問われた大阪府羽曳野市の自営業、ダルビッシュ翔被告の論告求刑公判が19日、大阪地裁で開かれ、検察側は懲役2年6カ月を求刑して結審した。判決は9月27日に下される。

 翔被告は約2億2千万円もの大金を賭けたとする常習賭博罪を認めている。「まっとうな社会人として生きていくことを誓います」と述べてはいるが……。

 昨年10月、大阪・生野区のマンションなどで、大リーグや日本のプロ野球を対象に、知り合いに金を賭けさせていた、いわば”オヤ”をしていたとして逮捕された翔被告。兄は言わずと知れたメジャーリーガーのダルビッシュ有であるが、昔から相当なワルとして地元では有名であった。

「昔から相当なワルで、学生の頃にサッカーをやめてから夜遊びや暴力で警察ざたになり、2011年には一般女性への暴力と大麻所持で逮捕されている。ネットユーザーの”賢兄愚弟”の表現も当然でしょう。13年には『不良の更生』をテーマにしたアマチュア総合格闘技大会『THE OUTSIDER(アウトサイダー)』にも出場したんですが、効き目はなかった。更生という言葉にも重みが感じられませんが……」(スポーツ記者)

ダルビッシュ弟、翔被告に懲役2年6カ月求刑。2億以上の金額で賭博に身を落とした弟の「ワルすぎる」過去と取り巻きのページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!