NEW

現役時代は1勝1敗。良血馬オルフェーヴル×ホエールキャプチャを落札したマイネル岡田総帥の狙いは「三冠馬ミスターシービーの再来」?


 史上3頭目の牡馬三冠馬ミスターシービーは、父トウショウボーイと母シービークインの間に産まれた。父は現役時代「天馬」と称され、ライバルのテンポイントとグリーングラスとしのぎを削り「TTG」といわれる一時代を築いた歴史的名馬。母もG1こそ勝てなかったが、オークス3着を始め、毎日王冠をレコード勝ちするなど牡馬顔負けの名牝だった。

 実はこの2頭が初めて出会ったのは、お互いのデビュー戦となる新馬戦だった。

 結果はトウショウボーイの圧勝で、シービークインは5着だった。なお、このレースの4着には盟友グリーングラスも名を連ねている。こんなところにも顔を出す辺り、さすが競馬史に残る助演男優名馬である。

 いずれにせよ、この2頭は現役引退後に再び引き合わされ、産まれたのがミスターシービーというわけだ。

 先日のセレクトセールで、オルフェーヴルとホエールキャプチャの仔の何が岡田総帥の心を突き動かしたのかは定かではない。しかし、このロマン溢れる配合の当歳馬が「ミスターシービー2世」と呼ばれる頃には、岡田総帥の「天性の相馬眼」が再び世を震撼させているかもしれない。

現役時代は1勝1敗。良血馬オルフェーヴル×ホエールキャプチャを落札したマイネル岡田総帥の狙いは「三冠馬ミスターシービーの再来」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!