NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(8) 呪われし館での苦く、淡い思い出

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
noroinoyakata.jpg呪いの館(のイメージ)

 2000年代、思い出深いホールに「L」があった。

 どんなお店だったかを一言でいうと、テコでも出ないボッタ店。これに尽きる。

 悪名が市内の隅々にまで轟いた結果、地元のお爺ちゃんお婆ちゃんでさえも遊戯を避けるようになっていたので、常に店内は閑散としており、たまに間違えて入った粗忽者が無間地獄のように千円札を飲まれて舌打ちするのと……それから腰パンのスタッフが怠そうに散歩する以外、店内に動くものの姿はない──そんな呪われし館の如きホールであった。

 どこかの大地主が趣味と実益と税金対策を兼ねて片手間に営業しているのならスッと入ってくる話だが、実はLはそれなりにデカいチェーン店である。2016年の当代においても現存している会社が運営する、ちゃんとしたホールなのだ。事実、県内にある同系列の店舗はそれなりに繁盛していたのだが、唯一、我が市内にあるLだけは変だったのである。

 要するに、店長がボンクラだったのだ。

 事態を重く見た(?)運営会社はあるタイミングでそれまでの店長を切り、新しく──若くて有能な男を、店の長に据えた。

 それに伴い店舗をリニューアルし、さらにはテコでも働かない腰パンにロン毛のバイト連中の代わりに、寒村の小作人の如き、マメで気のつく無口な玉運び職人を大量に揃え、トドメにそれまで存在しなかったコーヒーレディをも、結構なハイレベルで揃えてきたのである。

 準備万端、全てはお客様の笑顔のため……!

 それまでのボッタの皮を脱ぎ捨て、さながら空蝉より生まれし白銀の蝶の如く転生したL。拓かれた新天地。希望と出玉のカスケード。爆裂のアルカディアである。揚々とした意気込みを胸に秘め、Lが新店長就任を世間に知らしめるためにとった行動は、とてもシンプルで強烈だった。

 そう。全6イベントだ。

ぼくらはあの頃、アツかった(8) 呪われし館での苦く、淡い思い出のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!