NEW

淫行疑惑・鳥越俊太郎氏は「血筋」もニセモノ!? 何もかも穴だらけな現状と「過去」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
post_15976_torigoe_shuntaro.jpg
鳥越俊太郎氏(Natsuki Sakai/アフロ)

 東京都知事選に出馬した事でも注目を集めている鳥越俊太郎氏の淫行疑惑記事が、最新の「週刊文春」(7月21日発売号・文藝春秋)に掲載され、大きな波紋を呼んでいる。

 本誌では、鳥越氏が当時大学2年生だった女性を富士の別荘に連れ込み、強引にキス、その後さらに詰め寄ったが、女性は何が何でも拒否したそうだ。その後もホテルに誘われるなど、鳥越氏の意外すぎる素顔が明らかになっているが......。

 鳥越氏の弁護団は別紙の抗議文書を週刊文春に送付し、東京地検への選挙妨害および名誉棄損罪での刑事告訴の準備に入ったと、この記事内容を完全に否定している。ではどこからこの情報が入ってきたのか。野党4党が推す鳥越氏のイメージ失墜を狙った何者かの「捏造リーク」という可能性も完全否定はできないが、鳥越氏が迫った女性がいまだに自殺をほのめかすという話もあり、なかなかに深刻な状況ではある。

 都知事選を間近に控えた状況で、このような醜聞はあまりにも痛い。18日の街頭演説に友人で歌手の森進一が登場し歌を披露したことが「公職選挙法違反では」と疑問を投げかけられ、政策などについては一切語らずその場を後にするなど、どこか穴だらけな印象の鳥越氏だが、以前にもこのようなゴタゴタはあった。

淫行疑惑・鳥越俊太郎氏は「血筋」もニセモノ!? 何もかも穴だらけな現状と「過去」のページです。GJは、エンタメ、淫行都知事鳥越俊太郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!