NEW

「下剋上」へ超良血馬続々……厩舎史上「最強の布陣」を従え、名牝ショウナンパンドラを送り出した関西の「新鋭厩舎」が来年のクラシックを狙う

【この記事のキーワード】, ,

 中でも筆頭格は、2014年の皐月賞馬イスラボニータに半兄に持つイスラドラーダだ。

 5月の遅生まれなので古馬になってからも期待できそうだが、フジキセキ産駒だった兄からダイワメジャーにチェンジ。サンデーサイレンス系種牡馬の中でも、タイプが似た者同士の変更なので兄の守備範囲をそのままに、よりスケールアップした感が強い。ダイワメジャー×グレイソヴリン系の配合は高松宮記念を制したコパノリチャードを筆頭に成功例が多く、本馬もその一頭に名を連ねる可能性は十分だ。

 2012年のヴィクトリアマイル(G1)を勝ったホエールキャプチャの全妹となる、グローバルピースの2014も要注目の存在だ。

 まだ馬名が決まっていないためデビューは秋以降になりそうだが、クラシックを2着、3着、3着で走り抜いた後も息長く牝馬のトップ戦線で戦い続けたホエールキャプチャの全妹だけに、その期待は大きい。厩舎の看板馬ショウナンパンドラの後を継ぐのは、この馬かもしれない。

 高野厩舎の3歳馬の中で最も有望なナムラシングンの半妹ファンディーナも、兄以上の活躍が期待できる逸材だ。

 皐月賞でも見せ場を作ったナムラシングンの父は新種牡馬ヴィクトワールピサだったが、こちらは父がディープインパクトに替わり、兄にはなかったキレが期待できる。間違いなくスケールアップしているだろうし、狙うはもちろん桜花賞だ。

 期待の新種牡馬ルーラーシップ産駒では、2005年の2歳チャンピオン・フサイチリシャールの半妹がスタンバイしている。

 兄の活躍も然ることながら、母フサイチエアデールもエリザベス女王杯(G1)で2年連続2着するなど重賞4勝を挙げた名牝。新種牡馬ルーラーシップとしては、筆頭候補の良血馬といえる。他の兄弟も堅実に勝ち上がってくるので、早めに1勝を挙げられるかがポイントになりそうだ。

 他にも米G1を2勝した母とディープインパクトの配合となるゼロメリディアンや、ヴィクトリアマイル2着馬のヒカルアマランサスを母に持つクインアマランサスなど、今年は楽しみな逸材が揃っている高野厩舎。

 来年のクラシックを健闘以上の”野望”を持って迎えることは間違いないだろう。

「下剋上」へ超良血馬続々……厩舎史上「最強の布陣」を従え、名牝ショウナンパンドラを送り出した関西の「新鋭厩舎」が来年のクラシックを狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!