NEW

2歳馬の大活躍に「やはり本物」の声多数! 今をときめく「スーパーお父さん」スクリーンヒーローから目を離すな!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sukuri-nhi.jpgスクリーンヒーロー(JBISサーチ公式サイトより)

 昨年”大ブレーク”のスクリーンヒーロー産駒が、今再び競馬界に衝撃を撒き散らそうとしている。

 年度代表馬になったモーリス。4連勝で有馬記念を制したゴールドアクターと、昨年の主役は間違いなくスクリーンヒーロー産駒であった。

 今年3歳勢に関しては現状空振りの印象だが、今年の2歳馬では9頭中4頭が勝ち上がるハイアベレージでスタートダッシュに成功した。

 産駒の内訳としては、メローブリーズが初戦を2馬身差圧勝。鞍上の古川吉洋騎手が「最後まで余裕があった。素直で乗りやすくて落ち着いている」と大絶賛したのも印象に残る。

 同じく、マイネルザウバアは余裕すら感じられる強い競馬を披露し、岡田総帥率いるマイネル軍団のエース候補として注目されている。マイネル軍団のもう一騎マイネルパラディも、デビューから2戦連続で2着と勝ち切れていなかったが、どちらも上がり最速の脚を見せ素質の高さを証明。3戦目では1倍台の圧倒的人気に応えた。父譲りの末脚を見せたサルヴェレジーナにも期待がかかるなど、まさに順風満帆である。

 さらに、川崎所属でデビューし、2戦目には後続に15馬身差をつけるなど2連勝中のトラストは、すでに英国ダービーに登録済み。「地方からの世界制覇も夢ではない」と高い評価を受けている期待馬と、話題は尽きない。種牡馬として再び勢いを取り戻した事実が、スクリーンヒーローのDNAがやはり”本物”である可能性の高さを示している。

 当初は30万円であったスクリーンヒーローの種付け料は、現在300万円と驚愕の上昇率を見せている。この結果を見れば納得せざるを得ないが、現状は単なる”通過点”か。社台ファームの代表である吉田照哉氏が、より優秀な繁殖牝馬を配合する旨を明言している以上、更なる上昇カーブを描く事は確実とされている。

2歳馬の大活躍に「やはり本物」の声多数! 今をときめく「スーパーお父さん」スクリーンヒーローから目を離すな!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!