NEW

鳥越俊太郎氏の女性スキャンダル「第2の矢」を『文春』は確保? 「陰謀」発言に世間も政界もげんなり

【この記事のキーワード】

, ,

post_15976_torigoe_shuntaro.jpg鳥越俊太郎氏(Natsuki Sakai/アフロ)

 21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、鳥越俊太郎氏の女性スキャンダル。鳥越氏側は即弁護団を通じて抗議と刑事告訴に踏み切ると宣言した。

 都知事選に向けたアピール真っ只中で出てきたこの騒動。鳥越氏自身はこれに対する質問に「弁護士に一任している」と説明はせず。説明責任があるのではという声も噴出し、前大阪市長で弁護士の橋下徹氏は「鳥越さん あれだけ報道の自由を叫んでいたのに自分のことになったらちょっとケツの穴が小さくないか?」「今回の文春なんてチョロい記事。ちゃんと釈明しなさい」「こんな程度で逃げ回っているようでは、知事になる資格なし」とテンション高めに批判し、大きな反響を呼んでいる。

 確かに、騒動に関する鳥越氏の対応はどこか中途半端だ。「書かれていることは事実無根。心ない誹謗中傷が述べられ、怒りでいっぱいだ」と語ったものの、詳細は弁護人任せ。さらには「私は週刊誌の仕事をしていたからわかるが、取材記事というより政治的な力が働いているのではと思う」と、敵役である与党側の「陰謀」なのではとも主張している。

 さすがに「陰謀」という発言には世間も政界も呆れ返っているいる様子。「陰謀ならもっとトンデモないことが明かされるだろう」「オカルト雑誌の読みすぎ」など、火に油を注ぐような状態になってしまった。そもそも今回のスクープはずいぶん以前よりマスコミ界隈でウワサされていた話で、「文春」側が頃合いを見計らって出したというだけの可能性も大きい。

「文春」は、この記事に強い自信を持っているようで、徹底的に戦う構えだ。さらに同誌は、もう一つ”爆弾”を有しているという話も。

鳥越俊太郎氏の女性スキャンダル「第2の矢」を『文春』は確保? 「陰謀」発言に世間も政界もげんなりのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!