NEW

「大不振」阪神・鳥谷敬選手「レーシック手術失敗」か? 急増中の「見逃し三振」と信じられない「エラー連発」の原因に新たな『疑惑』が浮上!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hanshinxs.jpg

 プロ野球・阪神タイガースの”ドロ沼”は底なしなのか……。

 23日の広島戦。阪神・岩崎‐広島・黒田という先発予告を見た時点で敗色濃厚と思っていたが、案の定岩崎投手は3回持たず7失点KO。打線も黒田投手の前にいつも通り翻弄され、散発6安打0点。日米通算200勝目を献上した。

 これでオールスター明けの後半戦は、勝ちなしの5連敗。首位を快走する広島戦に限っては、手も足も出ない9連敗となる。今季最多の借金15は文句なしの最下位だ。

 今や、セ・リーグどころか12球団最弱ともいわれ、かつての暗黒時代を彷彿とさせている阪神タイガース。プロ野球屈指の人気球団であるため、ファンやメディアからの批判も相当激しいものがあるが、その中心的存在となっているのがキャプテンの鳥谷敬選手だ。

 2013年から15年までの3年連続を含め、計4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど日本を代表する名ショートであり、ベストナイン通算6度と紛れもない阪神の看板となる鳥谷選手。これまで何年にもわたってチームを牽引してきたが、今シーズンに限ってはその面影が全く見られない。

 開幕時から極度の打撃不振に陥り、現在も規定打席達成者の中では「下から2番目」という低打率。それでもショートだけに守備さえ安定していれば、そう大きくチームの足を引っ張ることもないのだが、失策数はリーグ2位の10個を記録している。とても昨年のゴールデングラブ賞&ベストナインを獲得した選手とは思えないほどの低調ぶりだ。

 大不振の原因は今年で35歳という年齢的な衰えを始め、金本知憲監督による強引な指導や、周囲のマスコミやファンからのプレッシャーなど様々な見解があるが、ここにきて見逃せないある重要な「疑惑」が持ち上がっているようだ。

 実は今シーズンの鳥谷選手は三振数が急増している。昨年1シーズンで77だったのが、今シーズンはすでに61。それも「見逃し三振」が極端に増えているのだ。さらにリーグ2位の失策の中でも、簡単なフライを落とすなど信じられないイージーミスが散見される。

 これらの事実から導き出される疑惑は、鳥谷選手の「目」の不調だ。

「大不振」阪神・鳥谷敬選手「レーシック手術失敗」か? 急増中の「見逃し三振」と信じられない「エラー連発」の原因に新たな『疑惑』が浮上!のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!