NEW

欧州最高峰・キングジョージ勝利馬は日本馬に「敗けまくり」!? 一概には言えないが、マカヒキへの期待増

【この記事のキーワード】, ,
160121_keibaxs.jpg

 現地時間23日、英アスコットで開催された欧州競馬最高峰レースの一つ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)は、R.ムーア騎手騎乗のハイランドリール(牡5)が逃げ切り、2着のウイングスオブデザイア(牡3)を1・1/4馬身を抑えて勝利した。

 断然の本命と目されたポストポンドが直前で回避を発表したため、一気に混戦模様となった今年のキングジョージ。勝利したのは、国際経験豊富な古豪。すでに米セクレタリアトS、香港ヴァーズと海外G1を勝利しているが、ホームである欧州でのG1制覇はこれが初めてとなる。

 今回のハイランドリールの勝利は、捉え方はどうあれ日本競馬にとっては意義のあるものである。国際競走において、このハイランドリールに先着した日本馬は非常に多いのだ。

 宝塚記念後に引退したドゥラメンテ、そして昨年のJC2着馬ラストインパクトは、3月のドバイシーマクラシックにおいて、それぞれ2、3着となっているが、ハイランドリールは4着に敗れている。4月の香港QE2世Cでは、ラブリーデイが4着、ヌーヴォレコルト6着だがハイランドリールは8着だ。アドバンテージが少ない海外でキングジョージ勝利馬に日本馬の多くが先着した事実は大きいといえる。

 無論、エイシンヒカリがプリンスオブウェールズSでまさかの惨敗を喫したように、キングジョージの舞台となるロイヤルアスコットで戦えば結果も大きく変わってくる可能性は大きく、一概には語れないだろう。ただ、欧州最高レベルのレースの勝馬と海外でガチンコ勝負をしても、日本馬が十分に渡り合える実力を有することが改めて証明された部分も否定はできない。今年の欧州のレベルが低い、という指摘もあるが……。

 何にせよ、秋にシャンティで行われる凱旋門賞での期待もより大きなものとなった。出走予定のマカヒキは、国内3歳最強レベルの逸材。今回出走しなかったポストポンドなど強敵は当然揃うだろうが、世界最高水準に近付いてきた現在の日本競馬なら、いよいよ悲願が成就してもおかしくはないだろう。

欧州最高峰・キングジョージ勝利馬は日本馬に「敗けまくり」!? 一概には言えないが、マカヒキへの期待増のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?