NEW

バルジュー騎手がJRA騎手試験2度目の挑戦へ! 世間認識と異なる「目的」と合格の可能性は?

【この記事のキーワード】, ,
Dario_Vargiu.jpgD.バルジュー騎手(Ogiyoshisanより wikipedia)

 イタリア競馬のベテラン、ダリオ・バルジュー騎手が、今年もJRAの新規騎手免許試験を受けることがわかった。今週から8月28日まで短期免許で日本にいるが、その間にメディカルチェックを受け、受験勉強にも精を出すらしい。

 母国ではかつてファルブラヴでイタリア大賞典などを制し、今年もドイツとイタリアのダービーを制するなど名手として知られる同騎手。2002年から短期免許で日本を訪れており、03年にはコスモサンビームで朝日杯FSを制し、その後もよく日本を訪れ、今年3月には史上5人目の外国人騎手100勝を達成している。

 現在JRA騎手として活躍するC.ルメールとM.デムーロほど馴染みが薄いのは、同騎手がローカル騎乗のイメージが強いからか。特に小倉では人気薄での好走が目立つ印象で、どちらかというと玄人肌の騎手と言えるかもしれない。

 2年連続の騎手試験受験に対し、世界的に見ても相当に高い部類である日本の「賞金」に魅力を感じているのでは、という声は多い。母国イタリアの経済状況が厳しく、賞金未払い問題なども深刻という話もあるが、その中で日本を選んだのだろうか。

「昨年の受験の際、バルジューは取材で『自分やミルコはオーナーサイドとの契約もあるし、そのまま母国で騎乗を続けても困窮する状況ではない。母国の苦しい経済状況から逃れるためにJRAの騎手を目指す訳ではないということだけは、ぜひ分かってほしい』と、理解を求めています。デムーロ騎手と同じく、日本競馬や日本文化に惚れ込んでいるようですね。何度も来日して日本語もある程度話せますし、合格の可能性はあると思いますよ」(競馬記者)

バルジュー騎手がJRA騎手試験2度目の挑戦へ! 世間認識と異なる「目的」と合格の可能性は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?