NEW

夏の博多駅にいきなり「三冠馬」が生登場! 武豊、篠原信一の「無差別級トークバトル」にも注目?

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka0108xs.jpg

 28日、今週末から開催される夏の小倉競馬を記念して、「三冠馬」がやってくる。

 ただ、ディープインパクトやオルフェーヴルのようなJRA史上に名を残すクラシック三冠馬ではない。会場となる博多駅前広場に登場するのは、史上4頭目かつ同一年では史上初の「小倉三冠馬」メイショウカイドウである。

 小倉大賞典、北九州記念、小倉記念をすべて制したメイショウカイドウ。全11勝のうち8勝を、小倉三冠をはじめとする重賞5勝のうち4勝を小倉競馬場で上げ、「小倉の鬼」などとあだ名されたファンにとって印象深い馬である。

 現在はその小倉で誘導馬として余生を過ごすメイショウカイドウ。自身の愛した地で仕事を続け、今もなおファンから愛される存在だ。そんな同馬が博多駅にいきなりやってくるのだから驚きといえば驚きである。

 当日は「競馬BEAT presents 『駅前KEIBA 2016夏』」というイベントが開催され、メイショウカイドウもその一環として博多駅を訪れるわけだが、ミニチュアホースの登場おやダートコースの砂の展示なども行われるが、なんといっても注目は「トークショー」である。

 トークショーに登場するのは、若い頃から夏の小倉で騎乗を続ける武豊騎手、柔道家でタレントの篠原信一、ナイツの土屋伸之に松中みなみという布陣。どちらも饒舌で知られる武騎手と篠原の「無差別級」のトークバトルに期待が集まる。武騎手とともに小倉三冠を達成したメイショウカイドウも、2人の掛け合いを楽しみにしているかもしれない。

夏の博多駅にいきなり「三冠馬」が生登場! 武豊、篠原信一の「無差別級トークバトル」にも注目?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと