NEW

アイビスサマーダッシュ(G3)の激走馬は「馬」ではなく「人」で勝負!勝率2%以下の「冴えない男たち」が新潟直線1000mで『激変』する!?

【この記事のキーワード】, ,
keibashinbun0228.jpg

 今週末には「夏の風物詩」アイビスサマーダッシュ(G3)が行なわれるが、この難解な新潟千直重賞を紐解くカギは「馬」ではなく「人」にあるのかもしれない。

 今年も連覇を狙うベルカントを始めとしたスピード自慢が集まったが、今年は新人の藤田菜七子騎手と同期の木幡巧也騎手が初の重賞に挑むなど、馬だけでなく騎手にも注目が集まっている。

 現在19勝を挙げ、新人王レースを大きくリードしている木幡巧也騎手。この勢いのまま、初重賞ゲットといきたいところだが、このレースはJRA唯一の直線1000mの重賞ということもあって「得手」「不得手」の差が大きく表れる傾向にある。

 例えば、1番人気が予想されているベルカントは昨年の勝ち馬で、当然ながら直線1000mは大好物。結果は伴わなかったが、今春には直線レースを求めてドバイにも遠征したほどだ。

 さらに2番人気が予想されるネロも新潟千直成績は[2.2.0.0]、3番人気になりそうなプリンセスムーンも[3.2.0.0]と完全に「アイビスサマーダッシュを狙い」の馬といえる。

 実は現在アイビスサマーダッシュは1番人気が3年連続勝利中であり、新潟千直に向いていることでファンに支持された馬が、そのまま好走している結果といえるだろう。だが、その一方で2番人気が馬券に絡んだのは2009年のアルティマトゥーレ(3着)まで遡らなければならない。つまり、それだけ一筋縄ではいかないレースが続いているということだ。

 そういった波乱要素の一端を握っているのが、直線1000mを得意としている「騎手」の存在だ。

 中でも、村田一誠騎手の新潟千直の相性の良さは。競馬ファンの間では有名。デビュー20年で重賞勝利はわずか6勝だが、その内1勝が2007年のアイビスサマーダッシュだ。

 今年まだ3勝で勝率2.4%、連対率4.1%、複勝率8.1%とまったく冴えない村田騎手。だが、これが新潟千直に替わると通算131戦を戦って勝率14.5%、連対率24.4%、複勝率28.2%とリーディング上位騎手並みの数字が並んでいる。失礼な言い方をすれば、村田騎手の”馬質”からは考えられない驚異的な成績だ。

 それを裏付けるように、このアイビスサマーダッシュで村田騎手が騎乗するヤマニンプチガトーも、今年になって一度も馬券に絡んでいない人気薄が確実な馬。

 しかし、本来ならここも”スルー”が妥当なはずだが「新潟千直で村田一誠が乗る」というだけでR.ムーアやJ.モレイラといった超一流騎手が乗った時のような、切るに切れない存在感があるのだ。

 そんな村田騎手に次ぐ「新潟千直で頼れる男」が西田雄一郎騎手だ。

アイビスサマーダッシュ(G3)の激走馬は「馬」ではなく「人」で勝負!勝率2%以下の「冴えない男たち」が新潟直線1000mで『激変』する!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと