NEW

重賞穴馬データ~アイビスSD・クイーンS~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibaura.jpg

 先週の中京記念は穴馬候補ピークトラムが2着となった。この勢いで今週のクイーンステークスとアイビスサマーダッシュの激走馬も見極めたい。

クイーンステークス

 以前は秋のエリザベス女王杯前哨戦だったが2000年から札幌で行われるようになった。以前の優勝馬にはサクラキャンドル、ヒシアマゾン、シンコウラブリイといった後のG1優勝馬が揃うが、札幌に移ってからはトゥザヴィクトリーの勝利が目立つくらい。今年は優駿牝馬(オークス)2着チェッキーノの参戦で注目度が上昇したが残念ながら故障回避で混戦模様へ。それだけにここはぜひとも的中させたいレースとなった。過去10年6番人気以下で3着以内に好走した穴馬は11頭。その傾向は以下の通りだ。

・騎手は関東がやや優勢。傾向としては関西馬に関東の騎手が乗ったときは狙い目。

・厩舎は関西調教師が優勢。

・年齢は特に5歳馬が中心で広げても4歳と6歳まで。

・馬体重は452-472kgと軽すぎても重すぎてもダメ。牝馬とはいえこれは北海道の洋芝と関係がありそうだ。

・前走人気は条件戦なら1~3番人気。他は人気薄でもOK。

・前走着順は条件戦なら1着。重賞なら10着以下でもOK。

・前走レースの格付けは1600万クラス出走組が有利。次いでG3戦に出走していた馬。

・前走距離は1600~2000mに出走した馬。

 以上の傾向から浮上する穴馬候補は以下の2頭だ。

ナムラアン
———————-
前走はオープン特別だが条件にほぼ合致。2走前にオープン特別を勝利と勢いがあり、鞍上が函館リーディングの池添謙一騎手というのもポイントが高い。

マイネグレヴィル
———————-
関東の厩舎で前走はオープン特別だが、他の条件に見事に合致。特に絶対的優勢の5歳馬なのがポイント。前走は牡馬相手の5着とまずまずの内容、過去に重賞2着の実績もありそろそろ激走も。

 この2頭に穴馬次点のウインプリメーラ、連勝中のリラヴァティなどを加えた馬券がオススメだ。

重賞穴馬データ~アイビスSD・クイーンS~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!