NEW

「オリンピック観戦のため?」武豊騎手が4年ぶりに騎乗停止……しかし、ネット上では何故か「称賛」の嵐!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takeyutaka0227.jpg

 まさか、オリンピック観戦のために”夏季休暇”を取ったのだろうか……。

 6日の小倉6R(3歳未勝利)で、1番人気のオーバーカムに騎乗していた武豊騎手が最後の直線で外側に斜行。すぐ後ろを追走していたコウザンベルの進路をカットしてしまい、騎乗停止処分となった。

 武豊騎手の騎乗停止期間は来週13日(土)から21日(日)までの9日間で、競馬開催日としては4日間になる。従って14日(日)の関屋記念(G3)のダノンリバティ、21日(日)の札幌記念(G2)のヌーヴォレコルトに騎乗することができなくなった。

 これを受けてネット上のファンからは、武豊騎手が「オリンピックを見たかったのでは?」という疑惑が生まれている。

 もちろん冗談だということは誰もが理解していることだが、そんな話が出るのも武豊騎手の騎乗停止が、実に「4年ぶり」だからだ。

 武豊騎手の前回の騎乗停止は2012年の8月。2012年の8月といえば、ちょうどロンドンオリンピックが開催されていた時期であり、武豊騎手は8月11日にイギリスのアスコット競馬場で行われたシャーガーカップで「ムチの使い過ぎ(英国では上限で7発までがルール)」によって騎乗停止になっている。

 ちなみに厳密にはロンドンオリンピックは2012年の7月27日から8月12日までだったため、武豊騎手の騎乗停止期間とは重なっていない。

 だが、本人は「用事がない夜は、皆さんもそうでしょうけど、オリンピック観戦三昧。キリのいいところで寝ようと思っていても、次から次へと興味をひく競技が続くのでやめられません。選手の皆さん、サポートする皆さん。一人一人にドラマがあるのがいいんですよね」と仕事の合間を縫ってロンドン五輪を堪能していたようだ。

 それにしても、武豊騎手ほどのトップジョッキーが4年間も騎乗停止がなかったという事実には驚きだ。

「オリンピック観戦のため?」武豊騎手が4年ぶりに騎乗停止……しかし、ネット上では何故か「称賛」の嵐!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!